株チャート分析と個人投資家の心理学

株チャート分析の基本「ローソク足分析」を中心に、株式チャート分析から儲かる銘柄を割り出す。ローソク足の読み方も詳細に記述する。

トップページ > 投資と心理戦術 > 友人・知人・親を・周りを見返してやれ。ネガティブ感情を利用して強くなる!

友人・知人・親を・周りを見返してやれ。ネガティブ感情を利用して強くなる!

Posted on 2017/12/12

兵庫県のK様から
 
━━━━━━━━━━━以下━━━━━━━━━━━

私は今年で29歳になるサラリーマンで、
それまでは一度も株式投資を
経験したことがありません。

始めた動機は(主に収入面での)コンプレックスを
解消したいという非常にネガティブな感情です。

たとえば学生時代の知人友人と会うたびに、
自身の収入の事で毎回気が滅入ってしまいます。

これは子供の頃から、親に
「いい大学入って、いい会社に入って~」
と言われ続けていたことが、
その一因かもしれません。

友人・知人を、親を、周りを見返してやりたい、
そういった黒くてネガティブな感情が、
株投資で稼げる力をつけてやろうと
決心した動機です。

今年の7月末に株式投資の勉強を
始めましたので、この12月で4カ月と
少しになります。
(途中省略)

まず最初に書籍「デイトレ―ド (著)
オリバー・ベレス」を読み、
損切という概念を知り、
テクニカル分析に興味を持ちました。

ネットでテクニカル分析の表面的な事
(支持&抵抗線、ブレイク、~クロス、
エリオット波動…etc.)を勉強していましたが、
なぜそんなものに価格は従うのか、
素人目には疑問でした。

サイトにたどり着いたキッカケは、
yahoo知恵袋で「相場のメカニズムを
ご存知ですか?」「なぜ上昇トレンドが
生じるのか知っていますか?」という
書き込みを発見し、
それが引っかかったことです。

表面的なテクニックがわかっても
あまり意味がなく、価格変動の本質を
知らねば利益を得られないという
書き込みの内容に、大変興味を抱きました。

調べていくうちに、その本質は
群集心理の中に答えがありそうだと考え、
検索ワードに「上昇トレンド 心理学」
と検索したら、サイトにたどり着きました。

書かれていたことは、
「楽して稼げると思うな、他力本願、甘い」
「努力&勉強&訓練、相場に勝ちたければ
力をつけろ」といった内容で、本気で勉強したい、
力をつけたいと思っていた私には、
心にスーっと入ってくるような内容でした。

ここでなら自分は、
自身のコンプレックスを
吹き飛ばせる力をつけることが
できるかもしれない。

そう期待したことが、
養成プログラムを受講するに至った経緯です。
━━━━━━━━━━━以上━━━━━━━━━━━
 

お金に関するコンプレックスは
よーくわかります。

私も同じようなものでした。

子供の頃何かねだろうものなら、
「そんなお金、どこにあるの」と
いつも言われていたので、
お金には縁がないんだと常に感じてました。

ネガティブ感情を動機に
勉強することは、大いに結構。

「いい大学入って、いい会社に入って~」
とか、
「お金がない」
とか、
お金は卑しくて汚いものという感情は、
世間一般の人が抱くものです。

そこで、
普通の人と同じことをしていたのでは、
お金から解放されることはない!
ということになります。

お金から解放されると、
人と比べて自分がどうだとか、
お金が汚いだとか卑しいだとか、
そういう事は関係なくなります。

お金は単なる通貨にしかすぎず、
お金に色付けしているのは
自分自身だということがわかってきます。

お金から解放されれば、
自分の好きな事をして暮らせるし、
自分の周りの人をも巻き込んで
豊かに過ごせます。
 

> 調べていくうちに、その本質は
> 群集心理の中に答えがありそうだと考え、

いいところに目をつけられました。
人間が行動する理由は、
欲と恐怖が関係しています。
トレードなど、その最たるものです。
つまり、心理を学べばいろんなことが
見えてくるようになります。
 

> 自身のコンプレックスを吹き飛ばせる力を
> つけることができるかもしれない。

コンプレックスなど、
実は簡単に消すことができます。

トレードを突き詰めていくと、
感情面をバランスをとる必要性に迫られます。
そこで壁にぶつかる事になりますが、
私は、その解決法を知っています。

何人もの受講者様に、
アドバイスしてきました。
引き出しはたくさん持っています。

その壁にぶつかった時に、
おいおい話す事にいたしましょう。

トップページ > 投資と心理戦術 > 友人・知人・親を・周りを見返してやれ。ネガティブ感情を利用して強くなる!