株チャート分析と個人投資家の心理学

株チャート分析の基本「ローソク足分析」を中心に、株式チャート分析から儲かる銘柄を割り出す。ローソク足の読み方も詳細に記述する。

トップページ > 投資と心理戦術 > 暴落時、実践家としてやれる事はなんだろうね!?

暴落時、実践家としてやれる事はなんだろうね!?

Posted on 2018/02/08

暴落はなかなかきついですねー。

受講者の皆さんから
報告をたくさんいただきました。

今日は600円近くも日経平均が下げ、
自分の持ち株も含み益がかなり減ったもの、
逆指値で両建てになったもの、
ロスカットになったものと、いろいろでした。
特別な策は講じませんでした。
(千葉県Nさん)

本日、やってしまいました。
ダウの上昇を見て、反発だ!!と、
ここ数日決裁した銘柄などに、
昨夜にシナリオは作っていましたが、
飛び乗ってしまいました。
すると、たたき売られ、
かなりの損失を抱えてしまいました。
もう、呆然です。
(神奈川県Iさん)

昨晩のダウも大暴落となってます。
こういうときは、確率の問題では有りますが、
心理的にはきついものが有ります。
逆指値を設定しているので、全部ロスカットに
引っかかっていくことが予想されます。
昨日のうちに、両建てがとか利確がとか
考えてしまいますが、それも確率と思って
心の平静を保つしかないのかと。

こういう場合は、どういう行動が
ありえるのでしょうか?
リーマンショックの際は、1ヶ月ほどかけて
日経平均が半額近くになりました。
同様の可能性を考慮すると、売りから入るのも
有りなのかとも考えます。
しばらく様子を見てテクニカルから
上昇が判断できれば再エントリーとかも
あると思います。
大きく動く相場ではあるので、
やはり幾つかシナリオを作って
準備しておくことに尽きるのでしょうか?
(東京都Nさん)

さて、私たちは実践家です。
未来を言い当てる
評論家や占い師ではありません。

あくまでもチャートから
客観的事実を読み取り、
その判断に基づいてポジションを
維持管理するのが仕事です。

つまり、
設定したロスカットに
反応して切ったのなら、
それが大正解。
逆指値で新規売りを
建てるようにしたなら、
それで大正解。

寄せられた受講者さんの報告を見る限り、
ロスカット設定をしていて、
それにヒットしただけなので、
皆さん大正解です。

ここでよく考えて欲しいのは、
上手くやろうとして、
上手くできるんでしょうか?

特別な時に特別な事が
できるんでしょうか?

暴落前に察知して、
危険回避できるんでしょうか?

間違いなくできないでしょう。

もし、それらができるなら、
今頃億万長者でしょう(笑)

だったら、
普段通り逆指値注文を入れておき、
逆行した時に自動執行
されるようにしておくことが、
実践家としての正解ではありませんか。

あるいは、チャートノック7、8、9回
で考えてもらったような暴落時の事例を
徹底研究しておくことじゃないですか?

暴落のメカニズムが
理解できるようになれば、
新規売りで取ることもできるようになるし、
慌てふためいて売り買いする
パニックトレーダーのポジションを
狙いすまして刈り取ることもできる。

上級スキルになってきますが、
こういう事も訓練しておけば、
いざという時に武器になるんです。

練習に次ぐ練習。
訓練に次ぐ訓練。
勉強勉強、さらに勉強。

これ以外に何かあるんでしょうか?

面倒ですよねー。
時間もありませんよねー。
練習をしてても、グングン右上がりに
上がるチャートが気になって
練習どころではありませんよね。

別に嫌なことをやらなくても
いいんじゃない?
2億円稼ぐおばさんが、
儲かる銘柄教えるって宣伝もあるし、
そっちの方が楽なんじゃない?

仮想通貨が物凄く儲かるらしいし、
そっちがいいかもね(笑)

実践家なら、今何が必要なのか?
順張り派ならどうすれば稼げるの?
リスクコントロールを完璧にするには?
暴落時の行動の正解は何?
チャートノック7、8、9回のような
暴落時の研究をした事あるの?

で、
最終的に強くなるには、
あなたに何が必要なの?

トップページ > 投資と心理戦術 > 暴落時、実践家としてやれる事はなんだろうね!?