株チャート分析と個人投資家の心理学

株チャート分析の基本「ローソク足分析」を中心に、株式チャート分析から儲かる銘柄を割り出す。ローソク足の読み方も詳細に記述する。

トップページ > 投資と心理戦術 > やれる事はたくさんある

やれる事はたくさんある

Posted on 2018/03/02

東京都のY様から
━━━━━━━━━━━以下━━━━━━━━━━━
今年もすでに2か月が経過しました。
つい昨日年が明けたように感じます。
非常に時間の流れが速いです。

今年中に相場で生活できるようになるという
目的を掲げていますが、試行錯誤の日々です。

まだまだ実戦に向けて納得できるレベルには
程遠いと感じています。
1000本ノック課題を行っておりますが、
もっと色々やりたいのです。

現状…
・特別実践レポートの目通し(2013年10月まで読了)
・1000本ノック030着手中
・検証(Wボトムネックライン抜けの勝率、
 三角ブレイクアウトなど)途中
・銘柄監視・監視銘柄の選定 全くできてない
・相場日誌 全くできてない
・投資力養成プログラム復習 第7~9回以外完了
・自主チャートノック 全くできてない

できてないことが多すぎて、本当に今年中に
本業以上に稼げるの!?と焦り、自分をなだめる、
の連続です。

とにかく如何に時間を作るか、如何に思考を回すか
を工夫しないとと感じます。
住川先生のアドバイスで、「頭の中でやる」
ということをヒントに、
頭の中でできるよう意識しています。

具体的には、1000本ノックの場合は
チャートを頭に焼き付けて
エントリータイミングや維持管理を頭の中で
シミュレーションする、
という方法をここ数日試しています。

頭の中で出来上がったことを帰宅してから
紙に書き出すと、割とすんなりとまとまる
ような気がしました。
(途中省略)

不思議なことに、問題意識を持ってみると、
過去さらっと読んでしまっていたところも
「なるほど、こういう解釈をするのか」と、
新しい読み方ができています。

明日に続く
━━━━━━━━━━━以上━━━━━━━━━━━

まだまだやれる事がたくさんあるという事です。

やる事を明文化してあれば
やるべき事が見えてきます。
あとはそれをこなすだけ。

忙しくてこなせない事もあるでしょうが、
できるだけやり続ける事です。

また1ヶ月が経過したら再チェックし、
出来ていないことがあったら
その問題点を洗い出し、
再構築していくこと。

自分のやるべきことが
明文化できていれば、
振り返ることも容易です。
再構築することもできるんです。

ダメなことは、
やりっぱなしで放置すること。
目標を立てても振り返りもしない。
再構築もしない。

簡単に諦める。
最後までやりきらない。

トレードのエントリーは明確に!と
口すっぱく言っていますが、
同じことなんです。

トップページ > 投資と心理戦術 > やれる事はたくさんある