株チャート分析と個人投資家の心理学

株チャート分析の基本「ローソク足分析」を中心に、株式チャート分析から儲かる銘柄を割り出す。ローソク足の読み方も詳細に記述する。

トップページ > 投資と心理戦術 > 強い銘柄 > 極・め・て・強・い・銘柄を見つける分析法とは?

極・め・て・強・い・銘柄を見つける分析法とは?

Posted on 2018/03/07

稼げる投資家になって人生を変えるには、
次のことを必ず押さえておかなくてはならない。

 

それは・・・、

「強いチャート」を捉えるスキルだ。

 

「強いチャート」とは、
押さないし、押したとしても知れている。

つまり、大きなブレがないので
振り落とされない。

ポジションを維持しやすく、
強いので市場で注目されやすく、
資金が次々流れ込んでくる。

「強いチャート」にBetすることが、
大きな利益を得るには大事だ。

稼いでいる人は全て、
「強いチャート」を見つけ出し
右肩上がりのトレンドに 乗り続けることができる。

そして、30%とか、50%とか、100%の
利益を上げることができる。

 

この「強いチャート」を捉えるスキルは、
口座残高を増やすには必須。。

「チャート読解力」を身に付ける事で、
誰でもできるようになれるし、
生涯にわたって使える武器にできる。

 

ある銘柄のチャート分析を実施し、
受講者さんに配信した。

非常に強いチャートである。
7日の終値では200円プラスに。
最低単元で、プラス20000円。

さすがに2/6の暴落では下げたが、
すぐさま反転上昇し、
2/9には暴落前まで回復。

現在は年初来高値更新中。

 

しかも、2020年ぐらいまでは、
圧倒的な好業績に支えられる。

ちょっとやそっとではない、
『 圧倒的 』
な業績である事はわかっている。

この時期、上に、下にブレまくる銘柄をよそに、
高値を更新し続けるほどの
・極・め・て・強・い・銘柄といえる。

さらに、売り長。
きっと売り方は、上昇に耐えられなくなり
踏み上げられることになるだろう。
そうなると、上昇が一気に加速することになる。

もちろん保証できるものではないが、
私がチャート分析した結果では、申し分なし。

 

また、北朝鮮の情勢に動きが見られそう。

どうなるかはわからないが、
万が一、一気に核問題が解決されるなら、
日本の株式市場に大きな影響があることだろう。

反対に、米朝が一戦交えるとなっても、
大きく影響される事だろう。

どちらに動いてもいいように、
今からしっかり準備した者が、
大きく利益を取ることになれる。

相場も同じ。

北の問題解決でリスクオンに備えるか?

それとも、今までのままか?

今年の収支の大きな分岐点になる。

トップページ > 投資と心理戦術 > 強い銘柄 > 極・め・て・強・い・銘柄を見つける分析法とは?