株チャート分析と個人投資家の心理学

株チャート分析の基本「ローソク足分析」を中心に、株式チャート分析から儲かる銘柄を割り出す。ローソク足の読み方も詳細に記述する。

トップページ > 投資と心理戦術 > 成長するということ

成長するということ

Posted on 2018/03/09

手順良く学び練習すれば、
2ヶ月もすると変化を感じ始める。

いきなり0から100になるのは無理でも、
0から1、1から2へと上がって
いくことは誰でも出来る。

小学1年生から2年生と
上がる事が出来たように
トレードの世界でも、
手順良く学び練習すれば、
誰でも成長する事が出来る。

2人の受講者様のお便りを紹介します。

 

まず、東京都のS様から
━━━━━━━━━━━以下━━━━━━━━━━━

> 2ヶ月前の自分と今現在の自分に、
> 差は感じられますか?

差は感じています。
損切りに常に気を払っています。

チャートを見るのが以前より早くなりました。
見るポイントも増えていると思います。
失敗のパターン、悪いところが
わかりつつあります。
まだ、完全にコントロールはできていませんが。

ルールもワンパターンでなく相場に合わせて、
使い分ける必要があるのだと、感じられています。

確固たるものはありませんが、
経験で学べることを期待しています。

損失が出ても、すぐに取り返そうとしないで、
様子を見ることの必要性も肌で体感しました。

セルフィディレクションも、
本を読んで立てるようにしています。

これも期間を決めて振り返り、
見直す必要がありそうです。

まだまだありますが、一番大きいのは、
チャートを見ない日は無くなったということで、
これはかなり大きな習慣化と
いえるように思います。

数はこなせていませんが、
少しずつの努力と経験が
改善してくれるものと思います。

厳しい指摘の中に色々な実践投資の本質を
教えていただいてることに感謝いたします。
━━━━━━━━━━━以上━━━━━━━━━━━

 

また、
京都のI様からは、
━━━━━━━━━━━以下━━━━━━━━━━━

道のりは遠いですが、
本年初頭に第一歩を踏み出しました。

アファーメーションを作成し、
経過の目標を詳細に記載しましたので、
一日一日の課題は明らかです。

一週間毎に達成度を見直しています。
 
私の場合は、この10回目の課題を
提出するまでに2ヶ月かかってしまいました。

もはや皆さんより1か月遅れですが、
猛追(笑)の予定です。
この2ヶ月で自分が成長できたかどうかは
正直分かりませんが、自分の中で何か変化が
生じていると感じています。
 
1つ壁を乗り越えたと思ったら、
次にはもっと高い壁が待っている、
人生はこれの繰り返し。

立ち止まってしまえば、
そこが自分の最終地点になってしまう。
肝に銘じます。
━━━━━━━━━━━以上━━━━━━━━━━━

さて、あなたも、
この御二方のように成長を
実感できているだろうか?

できていないなら、
なぜ成長しないのだろう?

できているなら、
どう成長しているのだろう?

 

ついで、
今上がっている階段は、
正しい頂上へたどり着くことのできる
手順、道順だろうか?

トップページ > 投資と心理戦術 > 成長するということ