株チャート分析と個人投資家の心理学

株チャート分析の基本「ローソク足分析」を中心に、株式チャート分析から儲かる銘柄を割り出す。ローソク足の読み方も詳細に記述する。

トップページ > 投資と心理戦術 > お宝はここにあり!金鉱を発見した受講者様の例

お宝はここにあり!金鉱を発見した受講者様の例

Posted on 2018/05/29

千葉県のN様から
 
━━━━━━━━━━━以下━━━━━━━━━━━
私の過去の売買、お宝だらけでした。

私は2017年の2月からトレードを始めたのですが、
投資力養成プログラムを受けてから後の分しか、
勝率と損益比を計算していませんでした。
見たくなかったのと、面倒だったのが原因です。

この機会に全部算出し、一覧表にしてみました。
通算では勝率0.44、PFレシオ2.00で、
破産の確率は約14.3%でした。PFレシオを
3.0にもっていくのが、当面の目標です。

また、口座残高は、始めに300万円用意して
始めたのですが、300→150→450→300と、
元に戻ってしまいました。
 

この一覧表を作っていて、
いくつか面白いことがわかりました。

まず、破産100%の時期と、
そうでもない時期がサイクルになっている事。
これは、一覧表にして初めて分かったことです。
(途中省略)

「なぜ、すぐに実弾を投入するんですか!」と、
いう住川先生の怒りの意味がよ~く分かりました。
(途中省略) 
 
また、表中のPFレシオが高い月は、
やはりホームラン銘柄を利確していました。

常にホームラン銘柄をいくつか維持管理
している状態に持っていければ、
口座残高は安定して増えていくのだなと
思いました。
 
前回の、銘柄選択の誤りに続いて、
今回はPPサイクル対応が分かってきました。

「何かちょっと、うまくいきそう」という感じで、
自信がわいてきました。

また何か問題に気づいたらメール致します。
━━━━━━━━━━━以上━━━━━━━━━━━
 
やはり宝の山でしたね。
大変な金鉱を掘り当てたかもしれません。
今回報告いただいた気付きは、
いちいちポイントをついています。

たかだか1年と数ヶ月の投資歴で
ここまで成長できるとは本気度の高さが伺えます。

これは、トレードに限ったことではないと思うんですよ。

野球だってサッカーだって、料理だってお習字だって、
なんでも同じで、失敗の中にうまくなるヒントが
隠れているんじゃないですかね。

失敗を修正し、再チャレンジ。
また失敗しても、修正して再チャレンジ。
ある程度サンプルが集まれば、
統計を取って検証をかけ分析してみる。

すると、自分の癖が見えてくるし、
いいものなら伸ばして、悪いものは修正する。

トレードを続ける限り、この連続です。
極端に言えば、人生もこの連続です。

 

>「何かちょっと、うまくいきそう」という感じ

早い段階で大金を稼げるでしょうし、
目標達成できると思います。

面白いですよね、
人生も、
トレードも(笑)

トップページ > 投資と心理戦術 > お宝はここにあり!金鉱を発見した受講者様の例