株チャート分析と個人投資家の心理学

株チャート分析の基本「ローソク足分析」を中心に、株式チャート分析から儲かる銘柄を割り出す。ローソク足の読み方も詳細に記述する。

HOME >  株式チャートの見方 >  形状分析(株価フォーメーション分析)

形状分析(株価フォーメーション分析)

株価や出来高のトレンドラインと、その見分け方を把握したら、次にチャートの型の特徴を覚えておく必要があります。英語では、プライスパターンと呼び、この形状分析することをフォーメーション分析とも呼びます。

 

反転パターンと継続パターン

株価の形成にはいくつかの特徴的なパターンがあります。ヘッド・アンド・ショルダーズ型(酒田五法でいう三尊天井)などは、その典型です。このパターンが完成したことに気付くこともなく買い出動したならば、ほぼ間違いなく損失を出してしまうことになります。

大きく分類すると、パターンには株価のトレンドが変わる「反転パターン」と、トレンドは継続するものの一時的な休止の段階で形成される「継続パターン」の二つがあります。これらを分けて把握することは重要で、反転すると見て手仕舞いしたものの、実は上昇トレンドの一服で、さらなる上昇トレンドを描くためのエネルギーの蓄積中であったというケースも十分考えられます。手仕舞った後にさらなる上昇をしてしまえば、利益が出ていても損した気分になってしまうことは違いありません。損した気分であればまだしも、売り建てていれば損失が出てしまうことになります。

トレンドを把握することはもちろん、株価形状の分析をすることも、売買の成果に直結することになります。一般的に、次のような株価形状のパターンが認められています。次の5つは、株価転換のサイン、つまり天井を示すサインとされています。

 

 
ヘッド・アンド・ショルダー型(三尊天井型)、ダブル型(二重型)、ライン型(線上型)、ソーサー型(皿型)、スパイク型(V字型)これらの5つの天井圏を示すチャート形状を裏返すと、底入れを暗示する形状パターン(リバーサル・パターン)となります。

 

HOME >  株式チャートの見方 >  形状分析(株価フォーメーション分析)