株チャート分析と個人投資家の心理学

株チャート分析の基本「ローソク足分析」を中心に、株式チャート分析から儲かる銘柄を割り出す。ローソク足の読み方も詳細に記述する。

コマ カラカサ

コマ・極線(小陽線 小陰線)

 

実体、ヒゲ共に短いローソク足コマ、特に実体の小さいものを極線と呼びます。寄り付きから大引けまで殆ど値動きがなかった事を示します。市場参加の思惑に方向感や勢いもない、休養、気迷いを表わしています。高値圏、底値圏で現れれば、基調転換を暗示している可能性大。
コマ(極線)は、陰陽のいくつかが連続して保ち合いの状態を形成した後に大きく動き出す可能性を秘めていますので、注意深く監視しする必要があります。

 

 

3341日本調剤(日足)

 

カラカサ(下影陽線 下影陰線)

陽線、陰線共に実体が短く、実体の3倍以上の長い下ヒゲを持つローソク足をカラカサと言います。陽線の場合、一時大量の売りで下落したが、その後それを上回る高値で引けたもので上昇を暗示。陰線の場合、大量の売りに対し買い勢力が買い上がったが力及ばず、始値を下回って引けたもので、高値圏に出れば売り転換、底値圏に出れば買 い転換を暗示。

 

 

上位に出れば、相場の上昇期にあると考え飛びつき買いをしがちで、高値掴みとなり損失を被る可能性が高くなります。そのため、首吊り線とも呼ばれるローソク足の型です。

 

ローソク足の読み方コンテンツ

ローソク足の見方

yousen100128

この足は、売り手と買い手の勢力関係、マーケットに存在する建て玉(たてぎょく)、ポジションの需給バランス、材料出現後の相場の反応度合いなどが凝縮されるのみならず、投資家心理の心の移り変わりを最も端的に表現するのがローソク足の見方です。[…]

大陽線 大陰線

yousen1001

大陽線、大陰線とも相場の動きが極端に偏っている時に現れやすい。概ね株価の5%程度以上の実体(胴体)をともなった時に、陽線であれば大陽線、陰線であれば大陰線と呼びます。相場がすごく強い事を表わすローソク足です。ヒゲの有無や長さなどにより意[…]

小陽線 小陰線

syouinnsenn100129

大陽線、大陰線とも相場の動きが極端に偏っている時に現れやすい足です。概ね株価の5%程度以上の実体(胴体)をともなった時に、陽線であれば大陽線、陰線であれば大陰線と呼びます。相場がすごく強い事を表わす。ヒゲの有無や長さなどにより[…]

上影陽線 上影陰線

ueinn100129

大陽線、大陰線とも相場の動きが極端に偏っている時に現れやすいローソク足です。概ね株価の5%程度以上の実体(胴体)をともなった時に、陽線であれば大陽線、陰線であれば大陰線と呼びます。相場がすごく強い事を表わす。[…]

下影陽線 下影陰線

sitainn100129

下影陽線(下ヒゲ陽線)上昇を暗示する足です。売り物に押され下押ししたものの、買い方に支えられ流れが反転し、寄付きより終値が高く終了した型。影(ヒゲ)が長いほど反発が強かったことを意味します。[…]

寄引同時線

yoridouji100129

寄引同時線は、相場の転換時に出現しやすいローソク足です。寄付と引値が同じで上下に影があるローソク足を言います。相場の転換を暗示するケースが多くあります。ヒゲの出方や長さによってさまざまな意味合いがあり、別項目で解説します。[…]

丸坊主寄付坊主大引け坊主

yoridouji-s

ヒゲがついていない長い足。誰が見ても評価が一致するような材料が出た時にあらわれやすく、一方向に一貫して大きく動いた事を示します。陽線なら 買い勢力、陰線なら売り勢力が圧倒的に優勢であると言えます。[…]

コマ カラカサ

karakasa-s

陽線、陰線共に実体が短く、実体の3倍以上の長い下ヒゲを持つク足をカラカサと言います。陽線の場合、一時大量の売りで下落したが、その後それを上回る高値で引けたもので上昇を暗示。[…]