株チャート分析と個人投資家の心理学

株チャート分析の基本「ローソク足分析」を中心に、株式チャート分析から儲かる銘柄を割り出す。ローソク足の読み方も詳細に記述する。

HOME >  酒田五法 >  赤三兵、黒三兵(酒田五法)

赤三兵、黒三兵(酒田五法)

三兵とは、陽なら陽、陰なら陰が3本並行して、同一の方向に階段状になっている場合をいいます。

赤三兵

陽線のローソク足が連続したものを酒田五法では赤三兵と呼びます。

上値および下値とも切り上げるジリ高で、大きな上げ相場の初期の段階をさします。ただし、赤三兵でも高値圏で出現し、上ヒゲをひいてきたのは「赤三兵先詰まり」とされ上伸力が鈍いことを示します。

赤三兵

下値をそれぞれ切り上げ、上値をそれぞれ切り上げて上昇している状態を示しています。売り方は、「そろそろ買い戻さないといけない」となるでしょうし、一方の慎重な投資家は、「そろそろ買ってみようか」という心理状態が予想されるので上昇の予兆つまり、買いサインということになるわけです。

ただし、高値圏や十分上昇した後の赤三兵は、上げ過ぎているとも読み取れるため、天井が近いことを意味します。

赤三兵が買いサインとして有効なのは、保ち合い期間あるいは、下値(下落時)ということになります。

9882イエローハット(日足)

上のチャートは、9882 イエローハットですが、2010年10月に下落し、最安値501円を付け反転しました。11月4日から3本出現し、赤三兵となっています。その後、陰線の後大陽線が出現し強い上昇トレンドへと転換しています。赤三兵とともに5日移動平均線下値抵抗線となっていること、ゴールデンクロスが表れていることなど、絶好の買いポイントを示しています。

黒三兵 (三羽烏、さんばがらす)

一方、陰線のローソク足がが3本連続して並行した場合を「黒三兵」または「三羽烏(さんばがらす)」と呼びます。大引と寄引が同じ値段で続いているものが、「同時三羽」で酒田五法では特に弱い線とされています。

黒三兵(三羽烏・さんばがらす)

黒三兵 (三羽烏)は、上昇トレンドまたは下落トレンドの中の戻りの場面に現れると注意が必要です。3つの長い陰線のローソク足が続き、二本目が前日(前週)のローソク足の胴体(実体)の幅で始まります。そして、引けにかけて前日の終値を下回り、 三本目も二本目と同様な型のローソク足を形成したものが黒三兵(三羽烏さんばがらす)です。弱気の陰線が続き下落相場への転換を示唆します。

相場参加者の心理的側面を考えると、上値および下値をじりじりと下げ続け、買い方にとっては上値の限界を感じ始め、売り方にとってはチャンスが到来してきていることを思います。上の図のように黒三兵を一本にまとめてみると、大陰線が現れることがわかります。相場全体が弱気に支配されていることを意味します。

ただし、最初の陰線が上放れたところから出ると、「押さえ込み線」となり、それは買いシグナルとなりますから、最初の陰線の位置に注意が必要です。

3401 帝人(週足)  黒三兵(三羽烏)

3401 帝人(週足)  黒三兵(三羽烏)

上昇トレンド中の帝人の株価は、若干の調整を入れながら上昇している最中、5/12に最高値を付けその後、黒三兵(三羽烏)が出現しその後下落局面へ転換することとなりました。この時、13週移動平均線である、下値抵抗線を割り込んでいることがわかります。

黒三兵の3本の長い陰線を一本にまとめてみると、大陰線となり相場の転換点であることが容易に想像できます。高値圏で大陰線が出現するということは、買い方は利食いを急ぎたい心理が働き、売り方は、このタイミングとばかりに売り浴びせることになります。これらの市場参加者の心理状態を考えると、黒三兵(三羽烏)が現れたら、迷わず手仕舞いすることが賢明です。

このサイトを「買いサイン・売りサイン」のチェックにご利用ください。

売りサイン・買いサイン一覧表






売り買いのサインとなるローソク足の組み合わせを6ページ分のレポートにまとめました。最低でもこのレポート程度のことは知って、相場に臨む必要があります。一覧表にまとめてありますので、実際の売買を行う際にパソコンの横に置いておくと便利だと思います。よろしかったらどうぞ。無料です。

(無料)売り買いサイン一覧表請求フォーム

mailアドレス

注)登録いただいたアドレス宛に、PDF版マニュアルダウンロード用アドレスをお送りします。携帯電話のメールアドレスはご利用いただけません。SSL暗号通信により保護されていますので、あなたの個人情報が漏洩することはありません。

酒田五法コンテンツ

三山(三尊天井、逆三尊底)

三山

三山とは、上値を3回試したが上抜くことができず上昇相場の終焉を意味します。大天井を打つときに出現すると言われます。真ん中の大きな釈迦の左右に菩薩が配置され三尊像のような形状から名づけられました。酒田五法の三山[…]

三川宵の明星 三川明けの明星

三川 明けの明星

三川とは、ローソク足三本の組み合わせで生じます。陽線の右上、陰線の右下にそれぞれ短いローソク足が空を作り、まるで星が出たような形になった後、3本目に1本目とは陰陽反対の線が空を作った場合の事を酒田五法では三川明けの明星、三川宵の明星と[…]

三空叩き込み・三空踏み上げ

三空叩き込み

三空が長い下落相場の後に出現した場合、酒田五法では「三空叩き込みに買い向かえ」と言われ、買い場となる可能性が大。逆に三空踏み上げは売り向かえと言われます。これらは、逆張りの考えからくるもので、マドが3つも続けて出現することは、行き過ぎであると考え、相場の終焉[…]

上げ三法 下げ三法

上げ三法,下げ三法

三法とは、酒田五法で「売、買、休」の三つを指し「休むも相場」を説いたもの。ローソク足の組み方や分析とは違い、相場の転換点なのか小休止なのかなどを見極める教えです。上げ三法は買い、下げ三法は売りを示唆します。[…]

HOME >  酒田五法 >  赤三兵、黒三兵(酒田五法)