ネット選挙関連銘柄 : 株チャート分析と個人投資家の心理学

株チャート分析と個人投資家の心理学

株チャート分析の基本「ローソク足分析」を中心に、株式チャート分析から儲かる銘柄を割り出す。ローソク足の読み方も詳細に記述する。

HOME > テーマ株 > ネット選挙関連銘柄

ネット選挙関連銘柄

インターネットを使った選挙運動を夏の参院選から解禁する公選法改正案について、自民、民主両党などが3日に、今夏の参院選からインターネットを使った選挙運動を解禁する公職選挙法改正案の修正で合意。
これにより、多くのネット選挙関連銘柄の新たな需要開拓に注目される。

コード 銘柄 概要
2122 インタースペース
2352 エイジア 顧客管理ソフト、ウエブサイト制作支援。ネット選挙メール配信応援パックの販売を発表。
2432 ディー・エヌ・エー
2433 博報堂DYホールディングス
2489 アドウェイズ ネット広告事業。
3715 ドワンゴ ネット動画「ニコニコ動画」が好調。ネット選挙解禁に向け注目される最有力銘柄。
3730 マクロミル マーケティングリサーチ事業のノウハウを「政党向けリサーチサービス」として活用する方向。
3775 ガイアックス ネット選挙運動の解禁に対応したソーシャルメディアでのプロモーション・リスク対策サービスを開始。
3788 GMOクラウド ウェブサイトや電子メールにおいて候補者や国会議員を装った第三者による偽サイト・偽メール(なりすまし)を防止する「候補者認証サービス」、「国会議員認証サービス」および「政党認証サービス」を開発し、3月下旬から順次提供を開始する。
3831 パイプドビッツ 企業向けクラウド。選挙のネット化に伴い選挙プラットフォームで培った経験が有権者リサーチの分野で強みを発揮。
4281 デジタルアドバタイジングコンソーシアム
4326 インテージ 市場調査最大手。
4689 ヤフー
4751 サイバーエージェント
4755 楽天
4819 デジタルガレージ ツイッターは多くの政治家が利用しており、ネット選挙解禁時でも大きな影響をもたらす可能性は高い。
HOME > テーマ株 > ネット選挙関連銘柄