株式チャート分析で相場参加者の心理を読む

株式相場を研究するとなると、それなりの理論武装は必要となります。ただなんとなく売買していたり、他人任せ的なアドバイスに頼っているようでは、相場の本質に近づくことはできません。

もちろん、証券理論にすぐれた学者が相場上手とは限りません。一般投資家の立場でいえば、基礎的な知識を持った上での実戦応用力があれば、自分なりの投資判断をもとに生きた相場で戦うという楽しみが増えてくるはずです。


株価は、経済のみならずいずれは企業の収益に響いてくるすべての内外情勢を反映して動いています。そうした情勢の変化が景気、そして企業収益にどう影響を与えるだろうかということを、瞬時に判断して売りと買いをしていく。その変動が相場です。

その変動は、「株価形成理論」で説明される動きとは、短期では違う時があります。その株価理論的な分析手法も時代とともに移り変わってきています。

20世紀では特に有名なケインズは、「株式投資は美人投票」といっています。当選した美人に投票した人に商品を出すとしたら、人々は自分の好みではなく多数の好みを考えて投票するはずです。株式投資でも同じ理屈であるということです。この多数の好み、多くの市場参加者が好材料と判断して、その株式の値段を上げて買う、これが株高です。この反対の行動が、株安です。

こうした材料解釈と買い手、売り手の需給の変化による株価変動、さらにその株価変動がもたらしていく新たな需給の変化、この株価プラス市場参加者の動きである出来高など商い量の分析も、株チャート分析では重要になってきます。

株式チャートを読みこなすスキルは必須

市場参加者の心理_欲と恐怖

株価は経済環境と個別銘柄の受給によって決まります。ある者は企業の優待目的に株を売買するでしょう。またある者は、配当金狙い。別の者は企業の成長に期待して投資する場合もある。為替動向から判断し買う者、NY市場の動向、アメリカ大統領の発言、中東情勢、中国の景気動向。あるいはアナリストの言うがままに株を買う者。合理的な理由によらず、恐怖や欲で売買する者。ヘッジファンドや機関投資家など、立場によって思惑や狙いがあり、それぞれ自分が抱える動機で株を売買しています。

その全ての売り買いの綱引きの結果が現在の株価であり、その株価をローソク足で表現し、時間の経過による変化を表したものが、株式チャートです。

つまり、株式チャートにはあらゆる需給の結果が表現されていることになり、株式チャートを読みこなす力こそが利益を上げるためには必須と言えます。

ファンダメンタルズをどう使えばいいのか問題の解決法