いつまでたっても儲からない5つのワケ



投資をやっていても、なかなか最終目的「儲ける」には至らない。なぜ儲からないのか?を追求すると、どうすれば儲かるようになるのか?が見えてくる。

儲からない理由として次の5つが考えられる。

私は、上手くいっていない人とも接する機会が多い上に、自分でも通ってきた道なのでよくわかる(笑)その詳細を詳しく見ていくと、まず1つ目。

1・そもそも最初の時点から真剣じゃない

「あなたは、真剣に儲けたいと思ってないでしょう」
と言うと、

「そんなことはない。儲けたいからやってんだ」
「いいから、早く儲ける方法教えてくれよ」
となる。しかし、ここに本音が出ている。

「早く儲ける方法を教えろ」の部分。

多くの場合、投資とは楽で簡単で、苦労もせずに大儲けできる方法だと考えている。儲かる方法は誰かが知っていて、その儲かる方法を知れば自分も儲かると思っている。

「儲かったらいいな〜」
「楽に簡単に大儲けしたいな〜」

というのは、七夕で短冊に書くお願い事か、流れ星が見えた時に唱える願い事程度のレベルと変わりはしない。「できたらいいな〜」で簡単に実現できるなら本当に楽でいい。

私ならお金儲けするなら、「ロト7が当たったらいいな〜」と、お願いする。300円払い数字を7つ選択するだけで、大儲けできる。しかも、無税(笑)
そんなことが叶うはずない。本気で目的を達成するなら、本気で目標を立てて、本気でチャレンジする必要がある。

考えれば当然のこと。小学生でもわかる。いつまで経っても儲からない一つ目の理由は、そもそも最初の時点から真剣じゃないということ。

2・金銭的にも精神的にも続けられない

楽で簡単に儲けたいと思っているのに、お金は増えるどころか減る一方なので、金銭的に苦しくなるし、思い通りに事が運ばずツライ思いをする。自分が目指す方向と、その結果のズレが大きいと、誰でも嫌になるに決まっている。
嫌でツライものは続かない。

そもそもお金が無くなるので続けられない。続かないものは上達もしないし、上達しないのにお金が増えるわけがない。

子供がいれば、習い事をさせた人も多いと思う。娘にも(妻の主導で)いろいろさせてみた。いろいろさせてみたが、何一つ続かなかった。英語、習字、ピアノ、バトミントン、水泳、そろばん。
当然、上達しないし結果も出ない。人の事だとわかる。しかし、いざ自分の事でそれが投資の事だと、わからなくなる。苦しくツライものは続かないのである。いつまで経っても儲からない二つ目の理由は、

金銭的にも精神的にも続けられないということ。

3・心底儲けたいと思っていない

儲けようと思って投資を始めたんだから、「儲けたいと思ってないのは変じゃない?」となる。

万が一上手くいかなくても、とりあえずは食うに困らないし、最悪でも消費者金融の会社が簡単にお金を貸してくれると、綺麗な女優さんがテレビCMで言っている。もし、借りたお金が払えなくなれば法律事務所が着手金なしで相談に乗ってくれると、これまたテレビで宣伝している。便利な世の中だ。最悪でもなんとかなるさ。

儲けたいのは、人よりいい車に乗りたい、いい時計が欲しい、いい家に住みたいからであって、今、十分に暮らせてるんだから、必死に「お金、お金」と言わなくてもまったく困らないし・・・。

そもそも、幸せはお金じゃ買えないからね。という感じで、心底儲けられなくてもいいと思っている。ここで一番ダメなのは、失敗したポイントを何も考えずスルーしてしまう事にある。失敗や上手くいかないことは誰にでもある。その失敗を目を背けずに真正面から捉え、同じミスを繰り返さないようにする事。非常に大事。

そして、もう一つ。
失敗や上手くいかないことを記録に残す必要がある。事の始まりが「楽に大金を稼ぎたい」と言うことなので、記録を付けたり、問題点を振り返ったり面倒な作業はしたくない。これらは、心底儲けたいと思っていない決定的な証しである。

4・1人でやり抜く覚悟も工夫もない

楽で簡単に大儲けしようと考えてる奴に手を差し伸べてくれる人はいない。
いや、手助けしてくれる人もいなくはない。
予想屋の類い。

親切にも、お金さえ払えば儲かる銘柄を教えてくれる。楽で簡単に大儲けしようと考えてる奴には丁度いい。需要と供給がマッチしてる(笑)
その結果どうなるかは容易に想像がつく(笑)
投資の事を家族に相談しても理解してもらえるはずがない。

「何、馬鹿なことを言ってるんだ。騙されてるんだよ。目を覚ませ」と言われて、敵対勢力になってしまう。
「目を覚ませ」とは、ある意味正しいアドバイスだと思う(笑)

一人で戦い抜かなくてはならないのが個人投資家。普通、上手くいかないことを1人で解決し前に進むことは大変困難を伴う。それ相当の工夫も必要になる。しかし、始まりが「楽で簡単に大儲け」なので、1人でやり抜く覚悟も工夫も持ち合わせてない。どうして、その程度で上手くいくと思えるのか不思議に思う(笑)

4つ目の理由、1人でやり抜く覚悟も工夫もない

5・進歩がなく同じことの繰り返し

儲けることの出来ない人の共通する考え方として、

  • 上がる銘柄を当てる
  • 上がるタイミングを当てる
  • 上がる銘柄を知っている人から情報を買う
  • 上がるサインを発するテクニカルを知りたい
  • 未来を当てる技術を知りたい

と、こんなものである。

誰もが普通に考えることなので、一度は通らなければならない道とも言える。いつまでも儲からない考え方に固執し、進歩がなく同じことばかりを繰り返す。

問題はここからで、本来の目的に近づけているかどうかを検証しないことにある。
間違った方法を続けて結果など出るはずがない。本当に儲けるトレーダーは、最終目標に近づいているかどうかを常にチェックし、間違っていれば修正し、再度検証をかけていく。正しい方向へ進むべく、行動や考え方を変えられる。いつまで経っても儲からない

五つ目の理由は、
進歩がなく同じことの繰り返しということ。
では、「いつまでたっても儲からない5つのワケ」を踏まえてどうすれば儲けられるようになるか?投資をするなら、誰もが儲けたいと願うし、上手なトレーダーになりたいと思う。しかし、思ってるだけ、願っているだけでは叶わない。

自分の力で勝ち取るしか方法がない。

いちど知れば、トレンドフォロー戦略はあなたの武器になる。

実践売買技法無料公開中!

メールアドレス