エントリーをするということは、
タイミングを見定めてINしたということ。

見定めたとしても、
それは100%ではないので、
チャートの動きに合わせてポジションの
維持管理を行わなければならない。


INした。

予定通り順行し含み益となったが、
値幅が足らず結果損切りになった。

「ちくしょう。もっと早く利食わなければ・・・」

せいぜい、この程度のことは考え反省して、
次から含み益になったら少しでも利益になるよう、
早めに手仕舞うようになる。

小さな利益が、コツコツコツコツ積み上がる。
ある時、損切りに失敗し「ドッカーン」と、
儲けた以上のものを市場に返すことになる。
コツコツ、ドッカーン症候群。

典型的負けパターンである(笑)

入る。
維持管理。
出る。

3つのプロセスを経てトレードは完成する。


大衆投資家は、
どの銘柄を買うのか?

と、

いつ入るか?

にしか興味を示さないことを繰り返し言っている。

つまり、「入る」ことにしか興味がない。

「維持管理」も「出る」も
追求しないから上手になれない。


INした。
予定通り順行し含み益となったが、
値幅が足らず結果損切りになった。

「維持管理」と「出る」で
予め決めていた通りに行動したなら、
損であっても正解のトレードであると言える。

トレードは予め決めていたアクションを繰り返し、
その損益の合計が成果となる。

トレードは、一回こっきりで
評価されるものではないからである。

儲けるつもりでトレードをし、損を正解とする。

この意味を理解できる者は多くはない(笑)