人にはバイアスというものが存在する。


これまでの経験や直感、思い込み、
恐怖心や欲望、願望が
客観的な考えや行動を妨げることをいう。

このラインを越えてきたら一旦天井を打つだろうとか、
この節目を越えたら一気に抜けていくだろうとか、
純粋にそんな思い込み(バイアス)を根拠に、
ポジションを取る人もいる。

また、純粋な思い込み(バイアス)だけを根拠に
売買する者を利用して、
大きなポジションを集めたり、
保有するポジションの利益を確定したり。
素人の行動を利用して儲けている奴らもいる。


素人でも思いつくような根拠をもとに売買するのか?
それとも、
素人が思いつく根拠を利用して売買するのか?


逆張りで取るのか?
それとも、
順張りで取るのか?

このように相反する考え方があるから、
取引が成立するのが相場と言える。
同じ価格を見て売ろうと思うものと、
買おうと思うものが存在する。
だから、取引価格が決まってくる。


では、
どっちが正しいか?

素人が思いつく根拠で売買するか?

それとも、
素人の思いつきを利用して売買するか?

順張りが正しいか?

それとも、

逆張りが正しいか?


最終的にはそんなことはわからない。

わからないからわかるように勉強しようとか、
わかる方法を知っている人を探し出そうとか、
普通、大衆投資家レベルではそのように考えるが、
どっちが正しいかなど、その答えは存在しない。

日経平均は18000円を超えて、
2007年の18300円に迫ってきた。

ここを抜けるか、抜けないか、
順張りか、逆張りか、
そんな話題でアナリスト達は客を煽るが、
答えは誰にもわからない。

我々実践家は、わからないことを
わかろうとする必要は一切ない。

目の前のチャートの動きという、
明らかにわかることにだけ従って
行動すればいいだけの事。

奴らのバイアスの掛かった見解に
惑わされるのではなく、
素人レベルの変なバイアスの掛かった
行動をするのでもなく、
目の前の事実のみを根拠にする者が、
最終的には勝てることになる。


それも、
一種のバイアスとも言えるが、

結果がそれなりについてくるので、
アナリストとしては失格でも、
実践投資家としては大正解(笑