三空とは、ローソク足とローソク足の間に空間ができる形。これを「空」または「窓」と呼びますが、これが3回連続で出現するパターンを酒田五法では三空といいます。三回も連続して空(窓)を明けながら、中間の価格帯を飛ばして取引が行われたわけですから相場の勢いが非常に強い事を示します。空(窓)が何日も埋まらない場合には、新たなトレンドの始まりとしてチャート上、重要なポイントとなる可能性が大となります。

三空叩き込み

三空が長い下落相場の後に出現した場合、酒田五法では「三空叩き込みに買い向かえ」と言われ、買い場となる可能性が大となります。


三空叩き込み(酒田五法)

市場参加者の心理状態を読み解くと、買い方は、追証が発生し投げ売り状態であることが想像されます。売りが売りを呼び見切り売りが続発しますが、大底を確認した後は、買い残が少なくなっていることなどから上値に抵抗はありません。真空地帯を抵抗なく下げ続けており、逆に下げ局面での価格帯にしこりが残っておらず、上昇に弾みがつきやすい状態となっています。

下のチャート神鋼商事では、4月に天井を付けた後下落トレンドに転じ、いったん自律反発したものの三空叩き込みが出現しました。7月の時点が大底となり、その後長い上昇トレンドへと転換しました。


8075 神鋼商事(週足) 三空叩き込み
8075 神鋼商事(週足) 三空叩き込み


下のチャート住友ゴムは、暴落の際大きく窓を開けながら下落し三空叩き込みが発生しました。大幅な下げに見舞われると、買い方は投げ売り、売り方は売り浴びせを行いますから、売りが売りを呼びこのようなチャートの形状となります。

しかし、永遠に下げ続けることはなく、マイナスの乖離が著しくなってくると、自律反発狙いの買いと、空売りの買い戻しで株価は大きく戻していくことになります。


5110 住友ゴム工業 (日足) 三空叩き込み
5110 住友ゴム工業 (日足) 三空叩き込み


日経平均 (日足)三空叩き込み


三空踏み上げ

上昇相場の途中で陽線が4本連続し、三空が出現した場合を三空踏み上げと言います。市場は強気ムードで買いが殺到した事から現れたローソク足の組み合わせで天井打ちを暗示します。酒田五法では「三空踏み上げに売り向かえ」と言われ、極めて強い売りのサインとなります。
一気に買いが入り、買い方はすでに買いつくしてしまっている状況です。最後まで我慢していた買い方が入ったことで、最後の窓を明けこれ以上の買いは入りにくい状態といえます。いったん下げ始めると我先にと投げ売りが入ることが想像できます。



三空踏み上げ



ローソク足の読み方 コンテンツ

ローソク足の見方

yousen100128
売り手と買い手の勢力関係、マーケットに存在する建て玉(たてぎょく)、ポジションの需給バランス、材料出現後の相場の反応度合いなどが凝縮されるのみならず、投資家心理の心の移り変わりを最も端的に表現するのがローソク足の見方です。[…]

大陽線 大陰線

yousen1001
売り手と買い手の勢力関係、マーケットに存在する建て玉、ポジションの需給バランス、材料出現後の相場の反応度合いなどが凝縮されるのみならず、投資家心理の心の移り変わりを最も端的に表現するのがローソク足の見方です。[…]

小陽線 小陰線

syouinnsenn100129
大陽線、大陰線とも相場の動きが極端に偏っている時に現れやすい足。概ね株価の5%程度以上のローソク足の実体をともなった時に、陽線であれば大陽線、陰線であれば大陰線と呼びます。相場がすごく強い事を表わす。[…]

上影陽線 上影陰線

ueinn100129
大陽線、大陰線とも相場の動きが極端に偏っている時に現れやすいローソク足です。陽線であれば大陽線、陰線であれば大陰線と呼びます。相場がすごく強い事を表わす。[…]

下影陽線 下影陰線

sitainn100129
下影陽線(下ヒゲ陽線)上昇を暗示するローソク足です。売り物に押され下押ししたものの、買い方に支えられ流れが反転し、寄付きより終値が高く終了した型。影(ヒゲ)が長いほど反発が強かったことを意味します。[…]

寄引同時線

yoridouji100129
寄引同時線は、相場の転換時に出現しやすいローソク足です。寄付と引値が同じで上下に影があるローソク足を言います。相場の転換を暗示するケースが多くあります。ヒゲの出方や長さによってさまざまな意味合いがあり、別項目で解説します。[…]

丸坊主寄付坊主大引け坊主

yoridouji-s
ヒゲがついていない長いローソク足。誰が見ても評価が一致するような材料が出た時にあらわれやすく、一方向に一貫して大きく動いた事を示します。陽線なら 買い勢力、陰線なら売り勢力が圧倒的に優勢であると言えます。[…]

コマ カラカサ

karakasa-s
陽線、陰線共に実体が短く、実体の3倍以上の長い下ヒゲを持つローソク足をカラカサと言います。陽線の場合、一時大量の売りで下落したが、その後それを上回る高値で引けたもので上昇を暗示。[…]

ローソク足の組み合わせ コンテンツ

あて首線 入り首線 差し込み線

あて首線
あて首線、入り首線、差し込み線とは、当日の陽線が前日の陰線の終値より下から始まり、前日の陰線の中心まで戻らない中途半端な切り替えしのローソク足の組み合わせです。[…]

包み線(抱き線)

包み線(抱き線)
包み線(抱き線)とは、前日の陰線、陽線とは逆に当日のローソク足の値幅を完全に包む大陽線または大陰線です。高値圏で現れた場合は上位の抱き線とよび売り転換、[…]

かぶせ線

かぶせ線
かぶせ線とは、前日の大陽線のあと終値よりも高く始まったが、当日の終値は前日の陽線の範囲内に終値をつける大陰線のローソク足の型です。特に前日陽線の中心以下まで陰線がかぶさった場合は、それまで[…]

切り込み線

切り込み線
かぶせ線とは逆の型で、前日の大陰線の終値より下から始まり、陰線の中心を上回る所まで戻して終わった場合のローソク足の組み合わせを切り込み線(切り返し線)といいます。相場の下位に出現した切り込み線[…]

上げ三法 下げ三法

上げ三法,下げ三法
三法とは、酒田五法で「売、買、休」の三つを指し「休むも相場」を説いたもの。ローソク足の組み方や分析とは違い、相場の転換点なのか小休止なのかなどを見極める教えです。上げ三法は買い、下げ三法は売りを示唆します。[…]