直径が2.5μm以下の超微粒子。微小粒子状物質とも呼ばれる。PM2.5は粒径が非常に小さく(髪の毛の太さの1/30程度)、肺の奥深くまで入りやすく、肺がん、呼吸系への影響、循環器系への影響が懸念される。熊本県では3月5日微小粒子状物質(PM2・5)の濃度が、環境省の暫定指針値を上回る可能性があるとして、注意喚起した。


コード 銘柄 概要
1975 朝日工業社 空調設備や給排水・配管設備、クリーンルームなどの設備工事を手掛ける。
1979 大氣社 ビル空調、産業空調など。
2269 明治ホールディングス うがい薬のイソジンが、PM2.5、花粉症対策として注目される。
3004 神栄 子会社がPM2.5を簡単に連続測定できるセ
ンサーを開発。
3107 ダイワボウホールディングス 大気汚染物質「PM2.5」への警戒感および、スギ花粉症対策でマスク関連として注目される。
3109 シキボウ 大気汚染物質「PM2.5」への警戒感および、スギ花粉症対策でマスク関連として注目される。
3402 東レ 不織布を使用した大気汚染物質「PM2.5」対策特許構造マスクを扱う。
3514 日本バイリーン 防塵マスクを手掛けることで「PM2.5」対策として注目
3604 川本産業 高性能のサージカルマスクなどのを展開で「PM2.5」対策として注目。
4082 第一稀元素化学工業 自動車排ガス浄化触媒の大手。排ガス浄化用触媒は環境面から世界の自動車産業に必需品。また、燃料電池の材料としても注目される。
4098 チタン工業 光が当たると汚れや細菌、匂いなどを分解する光触媒用酸化チタンが、PM2.5など有害物質も分解する能力を持つことの連想買いで物色される余地あり。
4657 環境管理センター 中国からの飛来が問題になっている微小粒子状物質「PM2・5」について、東京都からの測定・分析業務を受注していることから、首都圏での環境測定需要の拡大に期待/td>
4574 大幸薬品 感染管理商品「クレベリン」を扱う。
6023 ダイハツディーゼル ディーゼルエンジン向けに開発した排ガス処理技術を工場などの排気処理に転用することで「PM2.5」関連として注目。
6291 日本エアーテック クリーンエアシステムの大手で、PM2.5の除去に役立つ空気清浄機を製造。
6333 帝国電機製作所 脱硫装置用超大型ポンプがPM2・5関連銘柄として注目を集める。
6367 ダイキン工業 花粉症対策、微小粒子状物質「PM2.5」対策として家庭用空気清浄機に特需が期待される。
6709 明星電気 気象観測、地震・津波観測など、気象・環境・防災分野において重要な役割を担う観測機器メーカー。
6753 シャープ 花粉症対策、微小粒子状物質「PM2.5」対策として家庭用空気清浄機に特需が期待される。
6752 パナソニック 花粉症対策、微小粒子状物質「PM2.5」対策として家庭用空気清浄機に特需が期待される。
6848 東亜ディーケーケー 「水、大気、ガスなどの工業用計測メーカーの大手。微小粒子状物質「PM2.5」の大気中濃度が環境基準の2倍を超えるなど関東地域で高い濃度が観測されることで測定装置のメーカーとして注目。
6856 堀場製作所 自動車関連に強みを持ち、エンジン計測器では世界シェア8割。PM2.5の原因となる自動車排ガスの測定装置は主力商品。
6897 ツインバード工業 環境関連商品として空気清浄機を手掛けている。花粉やPM2.5対策として期待。
7487 小津産業 不織布マスクを扱う、
7745 A&D(エー・アンド・デイ) PM2.5の対策
商品として、超音波温熱吸入器「ホットシャワーPLUS」の需要拡大思惑あり。
7963 興研 産業用の防毒・防塵マスクなどを手掛けることから、PM2.5、スギ花粉対策商品として注目される。
7980 重松製作所 防塵マスクで高いシェアを誇り、「PM2.5」対策関連として注目。
8113 ユニ・チャーム 花粉およびPM2.5対応マスク。
9755 応用地質 がれき処理など震災関連事業が好調。また、子会社が「PM2.5」の測定装置を手掛ける。地質調査大手でメタンハイドレート関連銘柄としても注目。
9857 英和 東亜ディーケーケーの製造する「PM2.5」の測定装置の販売を手掛ける。