明けの明星・宵の明星

■ もう、売買サインで迷わなくて済む ■
一目でわかる売買サイン一覧表
無料進呈

メールアドレス

アドバイザー2

実践投資アドバイザー住川。投資歴21年。投資教育事業は今年で11年。その間5,500名を超える受講者さんを指導。稼げるトレーダーを多数輩出。
ミッション及び会社概要 投資力養成プログラム・11周年受講者さんの声

三川とは、ローソク足三本の組み合わせで生じます。陽線の右上、陰線の右下にそれぞれ短いローソク足が空(窓)を作り、まるで星が出たような形になった後、3本目に1本目とは陰陽反対の線が空を作った場合の事を三川と呼びます。酒田五法の「三川明けの明星」「三川星宵の明星」です。

三川明けの明星とは

酒田五法、「三川明けの明星」とは、長めの陰線が出た後、その下に空(窓)を開けて上ヒゲ下ヒゲをつけた十字線、または十字線に近い実体の短い陽線か陰線が出現し、3本目に上放れて陽線で1日目の陰線の上半分あたりで引けた、下図のような形を指します。

三川明けの明星三川明けの明星

下落局面にあった相場なので、
買いの勢い < 売りの勢い
と、ホルダーの手仕舞い売りで株価が下落しているところで、
2本目のコマで売り買いの勢力が均衡し保ち合い状態で、
買いの勢い ≒ 売りの勢い
となり、3本目の陽線で、
買いの勢い > 売りの勢い
と売り買いが逆転し上昇転換になります。

三川明けの明星_チャート事例

三川明けの明星4574 大幸薬品(日足) 三川明けの明星

2019年5月の三川明けの明星では、窓空け急騰から株価が急上昇し一転利確売りで急落しました。
売り買いの勢いが逆転し最終的に窓空け急落で下ヒゲ陰線が出現。
ホルダーの手仕舞い売りと買い方の買い控えから、
買いの勢い << 売りの勢い
となりました。

2本目の下ヒゲ陰線から上昇開始で3本目に大陽線が出現。
5月初旬の前回安値付近まで下げ、窓開け急騰についていった短期での買い方の手仕舞い売りが落ち着く。同時に買いが積極的に入り始め、
買いの勢い > 売りの勢い
となり、三川明けの明星となりました。

また、6月末にも三川明けの明星が存在します。
同じようにホルダーの手仕舞い売りが落ち着き、実体の短いローソク足が出現。三川明けの明星となり、その後上昇転換していくことになりました。

三川宵の明星とは

酒田五法、三川の「三川宵の明星」は、長めの陽線の後、その上に窓を開けて上ヒゲ下ヒゲをつけた十字線(または十字線に近い実体の短い陽線か陰線)が現れ、3本目に下放れて陰線で1本目の陽線の下半分あたりで引けたものです。
これも同様に3本をまとめてみるとわかりやすくなります。1本目、上げ基調であったものが2本目のローソク足では、上へも下へも動かないこう着状態。そして、3本目に下落へと転じ、3本を組み合わせたローソク足は、実態の短い上ヒゲの長いローソク足が出現することになります。上値抵抗感が強く、売り圧力の方が大きいことは、簡単に想像できます。

心理的な変化は、明けの明星とは逆で、高値圏を警戒している買い方勢が売り手仕舞い、売り方が新規に参戦してくる状態と言えます。

宵の明星三川宵の明星

上昇局面にあった相場なので、
買いの勢い > 売りの勢い
と、ホルダーは含み益が増え続け手仕舞いしない。買い方の積極参戦で株価は上昇。
明けの明星となった部分で売り買いの勢力が均衡し保ち合い状態で、
買いの勢い ≒ 売りの勢い
となり、3本目の陰線で、
買いの勢い < 売りの勢い
と売り買いが逆転し下落転換になります。

三川宵の明星_チャート事例

三川宵の明星3563 スシロー(日足) 三川宵の明星

コロナの関係から急落し一時的に戻したところ、逃げ遅れたホルダーの手仕舞い売りなどの関係で、酒田五法で言う三川宵の明星が現れ反転下落のサインとなったケース。

三川宵の明星4921 ファンケル(日足) 三川宵の明星

宵の明星の前、4本の陽線と窓あけ上昇で急騰。そろそろ限界と見たホルダーは手仕舞いに動くと同時に、高値掴みしたくない買い方の買い控えにより、
買いの勢い ≒  売りの勢い
となり三川宵の明星になった。
翌日以降、ホルダーの手仕舞い売りが出てきて、
買いの勢い < 売りの勢い
となって下落することになった典型的な三川宵の明星のケース。

どうすれば儲かるようになれるか

ポイント

『どうすれば儲かるようになれるか』を追求するなら、なによりも先に『どのような仕組み、ルール』で売買するか?をハッキリさせておかなくてはいけません。

受講者さんの課題の添削をしていると、『基本戦略』が曖昧な人が実に多い。言い換えると、その場の思いつきで売買しているのです。思いつきで売買したところで儲かるわけがありません。三川明けの明星、三川宵の明星は名が通ったサインですがダマシになることもあります。いくらなんでも無策では、取れる利益も取れないことになります。

投資教育事業を10年以上、5,500名を超える受講者さんにアドバイスしてきて、稼げない人にもっと欠けているもの、それが「売買戦略」です。

売買を大きく分類すると、1・順張り(トレンドフォロー)2・逆張り(カウンタートレード)があり、どちらを選ぶかでやり方は変わってきます。

そのうち、私が力を入れてアドバイスするのは、1の順張り(トレンドフォロー)であり、トレンドフォローを進化させた『超トレンドフォロー戦略』のアドバイスをしています。

なぜ、カウンタートレードではなくトレンドフォローなのか?

それは、稼げるからです。
カウンタートレードは、労力の割に儲からないやり方です。小さな利益をコツコツ積み上げ、ある時一気に吐き出してしまう。遊びでやっているならまだしも、お金を稼ぐ目的でやるにはそぐわない戦略です。一方、トレンドフォローは理にかなった戦略なのです。

株で利益をあげるコツは、安く買って高く売ることが基本中の基本になりますが、その価格差が大きいほど利益も大きくなります。短期間で2倍になる銘柄も珍しくなく、6532ベイカレントコンサルティングなどは、1年で10倍にまで成長しています。

さらに、『超トレンドフォロー戦略』とは、リスクを最小限に抑え込み、利益の最大化を図るトレンドフォロー戦略の進化版です。

『超トレンドフォロー戦略』の入門用としてPDFレポートを作成しています。
「あー、そういうことだったのか!」と、思わず膝を打つことになるでしょう。実は、株価が動く本質に帰ればやることは単純です。

投資アドバイスを10年、5500名を指導してきた経験から、誰でもわかるように超トレンドフォロー戦略を丁寧に解説しました。

無料です。
レポートの最終ページには、力試し用にチャート読解力を問う問題を用意しています。実践家がどんな視点でチャートを見ているのか?これだけでも、相当価値があるはずです。

超トレンドフォロー完全ガイド

「超トレンドフォロー戦略  —完全ガイドブック—」

無料進呈

メールアドレス