3本以上の複数足に関する考え方は、酒田五法日本の伝統的な罫線分析「酒田五法」によるものが一般的です。酒田五法は、山形県庄内酒田に伝わる、相場の達人・本間宗久が編み出した投機の技術です。本間宗久は徳川中期以降栄えた豪農・豪商の本間家の一族。十代将軍家斉の時代享和3年(1803年)に、その相場の才能に満ちた生涯を終えています。当初は酒田から大坂にでて、堂島のコメ市場で活躍し、次に江戸でも天才相場師の面目を遺憾なく発揮したと伝えられています。

その相場の秘伝書の原本とされる「荘内本間宗久翁遺書略伝」の中に”酒田戦術起源”として、「翁は、常時相場に関する覚書を巨細に記録参考とせしが、晩年酒田戦術として一本にまとめ、座右に供え相場に対照して完全に期せり」とあります。相場を動かすのは風(材料)でも幡(相場水準)でもなく、心(市場心理)こそ重要な要素だとし、人間の欲望が凝縮した市場心理(人気)というとらえどころのない化け物の正体を明かさないことには相場道に勝利できないとしました。

そのような本間宗久の相場の取り組みが、各方面で研究され酒田罫線の奥義とされているのが「酒田五法」にあたります。

の5つからなっていることから酒田五法といわれています。

売りサイン・買いサイン一覧表無料進呈

そうそうそう、これこれ。
こういうのが欲しかったんですよ。
型なんか覚えてられないから、一目でわかるように一覧表が手元にあって超〜便利。

子供の頃を思い出してもらえますか?
学校の教室の壁。

「あいうえお」を覚えるのに一覧表が貼ってあったでしょう。「ABC」も「歴史年表」も「日本地図」や「世界地図」も貼ってありましたよね。目につくところにある事で、自然と覚えましたよねー?

ローソク足の組み合わせは、チャートの基礎の部分でメチャクチャ大事な事なのに、なかなか覚えられませんよね。
いちいちNETで調べたり、 株本を開いたりして「この型はどれだろう。これか?いやこっちか?」と結構手間が掛かるんですよ。これが面倒(笑)

私は覚えるまでは、一覧表にして机に貼っていました。超〜大事な事だし、適当に判断を下すのも嫌でしょう。

間違えたら、即、金が減るんですよ。
間違えたから、損した分を返してくれというわけにもいきませんしね。
覚えるまでは目の前に貼っておけば失敗を減らせるじゃないですか。
極力手間を掛けないように、もっと時間を掛けるべきところに集中する。

これが強くなるコツ。

そう思いませんか?


売り買いのサインとなるローソク足の組み合わせを6ページ分のレポートにまとめました。最低でもこのレポート程度のことは知って、相場に臨む必要があります。一覧表にまとめてありますので、実際の売買を行う際にパソコンの横に置いておくと便利。失敗を減らせるし・・・。よろしかったらどうぞ。無料です。

mailアドレス

注)登録いただいたアドレス宛に、PDF版マニュアルダウンロード用アドレスをお送りします。携帯電話のメールアドレスはご利用いただけません。SSL暗号通信により保護されていますので、あなたの個人情報が漏洩することはありません。




酒田五法コンテンツ

三山(三尊天井、逆三尊底)

三山

三山とは、上値を3回試したが上抜くことができず上昇相場の終焉を意味します。大天井を打つときに出現すると言われます。真ん中の大きな釈迦の左右に菩薩が配置され三尊像のような形状から名づけられました。[…]

三川宵の明星 三川明けの明星

三川 明けの明星

三川とは、陽線の右上、陰線の右下にそれぞれ短いローソク足が空を作り、まるで星が出たような形になった後、3本目に1本目とは陰陽反対の線が空を作った場合の事を酒田五法では三川明けの明星、三川宵の明星[…]

三空叩き込み・三空踏み上げ

三空叩き込み

三空が長い下落相場の後に出現した場合、酒田五法では「三空叩き込みに買い向かえ」と言われ、買い場となる可能性が大。逆に三空踏み上げは売り向かえと言われます。マドが3つも続けて出現することは、相場の終焉[…]

赤三兵 黒三兵(三羽烏)

赤三兵

三兵とは、酒田五法では陽線または陰線のローソク足が三本並行して同一方向に向かっている状態を作り出しているもの。赤三兵は、空は出ないものの終値が確実に切りあがっている状態で、[…]

上げ三法 下げ三法

上げ三法,下げ三法

三法とは、酒田五法で「売、買、休」の三つを指し「休むも相場」を説いたもの。ローソク足の組み方や分析とは違い、相場の転換点なのか小休止なのかなどを見極める教えです。上げ三法は買い、下げ三法は売りを示唆します。[…]