株チャート分析と個人投資家の心理学

株チャート分析の基本「ローソク足分析」を中心に、株式チャート分析から儲かる銘柄を割り出す。ローソク足の読み方も詳細に記述する。

「酒田五法」の記事一覧

三山(三尊天井、逆三尊底)

三山(さんざん)とは、ローソク足の組み合わせで時間をかけて三つの山を形成するトレンドパターンの事をいいます。 「三山(さんざん)とは大天井の体型をあらわす線にして、底値より波乱をくり返しながら順次上昇し、高値より下押し、 […]

上げ三法 下げ三法

三法とは、酒田五法の中でも「相場三位(味)伝」で、「売り」、「買い」と同時に重要としているのが「休む」こと。「休むも相場」を説いたものです。ローソク足の組み方やローソク足分析とは違い、相場の転換点なのか小休止なのかなどを […]

赤三兵、黒三兵(酒田五法)

三兵とは、陽なら陽、陰なら陰が3本並行して、同一の方向に階段状になっている場合をいいます。 赤三兵 陽線のローソク足が連続したものを酒田五法では赤三兵と呼びます。 上値および下値とも切り上げるジリ高で、大きな上げ相場の初 […]
酒田五法

酒田五法_チャートの背景にある心理を徹底解説

ローソク足3本以上の複数足に関する考え方は、日本の伝統的な罫線分析「酒田五法」によるものが一般的です。酒田五法は、山形県庄内酒田に伝わる、相場の達人・本間宗久が編み出した投機の技術です。本間宗久は徳川中期以降栄えた豪農・ […]