こんな事を言う人がいる、「あんたのせいで大損した」と。

長く投資教育事業をやってると、たまにこんな事を言う人がいる。

「あんたのせいで大損した」

原理原則が何もわかってない人です(笑)

本当の「自己責任」を知ってる?

投資の世界は「自己責任」が言われます。
「あんたのせいで大損した」のは間違いで、「自分の未熟さから大損した」というのが正解。「自己責任」は、相場以外でも大事な原理原則です。

  • 今、良い人生を送れているなら、それも自己責任です。
  • 今、悪い人生だと思っているなら、それも自己責任です。
  • 将来、幸せな人生にするのも自己責任。
  • 将来、悪い人生になっても自己責任。
  • 将来投資で儲かるようになったとすれば、それも自己責任。
  • いくらやっても儲からないとすれば、それも自己責任。

とにかくあなた自身の人生であり、人生そのものが自分の責任という事です。

自分以外に答えを探すのは、教育システムに由来する

自分以外のところに答えがあるとするのは、あなたが悪いわけではありません。これは、今の日本の教育に依るところがすごく大きい。


次に何をすればいいのかを、教えるのが学校教育です。誰かの思惑に則ったマニュアルをたくさん覚えた人が評価される。だから、自分の知りたい答えは、自分の外のところにあると考える。


トレードも同じ。
儲かる秘訣は自分以外のところにあると思っているので、答えを知っている人を探すことが正義だし、儲かる銘柄の答えを探すのが正しい行動と疑わない。あなたが儲からないのは、過去の経験に基づいた間違った行動に依るところが大きいわけです。


もし、日本以外の国に生まれたのなら、「自己責任」以外の要因に人生を大きく左右されます。国家の制度だったり、悪い習慣だったり、生まれた境遇だったり。自らの環境が悪いのなら、自己責任とは違うところに原因があることが多いです。北の将軍様の国に生まれたりしたら、もうどうしようもありませんね。これは自己責任とは違います。


でもね、豊かで自由で、あらゆるチャンスが平等に与えられる日本に生まれ育ったなら話しは違う。今の境遇を跳ね飛ばすぐらいの情熱を傾ければいいのに?と私は思う。投資に挑戦するもしないも自由。チャンスを活かすも活かさないも自由。

なぜ、ここまでくどくど言うか?

人のせいにしとけば楽なんですよ。人は楽な方へ流れますからね。「あんたのせいで大損した」のも、自分以外のところに責任を押し付けたということになります。


自分以外のところに問題の原因を探そうとしても正しい対処法が見つかるわけがありません。対処法が間違っているのに儲かるようになるわけがありません。


上がる銘柄を当てようとしたり、必勝法を探したりして儲からないのも、自分以外のところに答えを探すからです。自分の中にこそ答えがあり、今儲かってないことも「自己責任」これから儲けられるように努力することも「自己責任」。このことがわかったらやるべきことがあるんです。

儲けるために今すぐ始める事

やるべき事の一つ。
「相場日誌」をつけること。

日々、自分が何を考え、どう行動し、何に苛立ち、何に高揚感を感じ、どういう理由で株を売買しているのか?

毎日付けていくことです。しばらく付けていくと、問題箇所が見えてきます。

「これじゃ、儲からなかったはずだわ」と。