三法とは、酒田五法の中でも「相場三位(味)伝」で、「売り」、「買い」と同時に重要としているのが「休む」こと。「休むも相場」を説いたものです。ローソク足の組み方や分析とは違い、相場の転換点なのか小休止なのかなどを見極める心構えの事です。

狭い範囲での保ち合い相場では、頻繁に売買をしてもなかなか実入りが増えるものではありません。手数料などの余計なコストも発生し利益を上げることは難しい相場付きの場合もあるわけです。そのような時には、休むことも大切であるというわけです。酒田五法でのこの教えが「三法」で売り、買い、休みの3つを指しているわけですが、転じて相場の中で発生する保ち合い(小休止)を考慮して相場を読むことを指しています。

上げ三法

上げ三法 (酒田五法)
上げ三法 酒田五法

上昇過程において出現した大陽線のあと、小さな陽線や陰線をはらみ、大陽線の高値を「陽の丸坊主」で抜けたもので、保ち合い相場を上抜けするときの状況を示しています。これを上げ三法と呼びます。はらんだ小さな腺は、小休止を表します。大陽線の安値を支持線、高値を抵抗線とし、その抵抗線を抜けたことから強い線と読むことができます。この小休止の間は、上抜くとも下抜くともわからないので、休んだほうがよいという考え方。


【 ポイント 】

3本目の陰線が、大陽線の安値を下回ってないこと
3本目の陰線が大陽線を下抜けたら、上昇エネルギーよりも下落エネルギーが大きいと判断できる。
3本目の陰線が、大陽線を下抜ければ「三羽烏」として下落のサインとなります。
保ち合いを上抜けたら買い


【 市場参加者心理 】

上昇初期に勢いよく上げたものの、このまま高抜けるか、あるいは、利食いするかと心理的なぶつかり合いの結果、高く寄り付き、安く引ける小陰線が連続しています。しかし、一気に上げた大陽線の安値を下回ることができずに、大陽線の範囲内で終わっています。このことから、上昇のエネルギーはまだ残っていると見て取れるわけです。


下げ三法


下げ三法 (酒田五法)
下げ三法 (酒田五法)

下げ三法とは上げ三法の逆の型のことで、下落相場途中において、前日の陰線の値幅の範囲内で三本の陽線が入り込む型の事す。支持線を下抜ければ弱い線と読み解けますが、その線が出るまでは、休んだほうがよいという本間宗久の教えです。下抜けば、その後も継続して下げの相場が続くことになります。
陽線でも陰線でも大きな値幅を出した日が基準になる場合が多いです。その日の型が問題となるのではなく、大きな値幅の「始値」と、「終値」(あるいは、「高値」と「安値」)が問題であり、その「始値」「終値」、「高値」「安値」をどちらに抜けるのかが大事になります。


三法

7741 HOYA(日足) 三法
7741 HOYA(日足) 三法



ローソク足の読み方 コンテンツ

ローソク足の見方

yousen100128
売り手と買い手の勢力関係、マーケットに存在する建て玉(たてぎょく)、ポジションの需給バランス、材料出現後の相場の反応度合いなどが凝縮されるのみならず、投資家心理の心の移り変わりを最も端的に表現するのがローソク足の見方です。[…]

大陽線 大陰線

yousen1001
売り手と買い手の勢力関係、マーケットに存在する建て玉、ポジションの需給バランス、材料出現後の相場の反応度合いなどが凝縮されるのみならず、投資家心理の心の移り変わりを最も端的に表現するのがローソク足の見方です。[…]

小陽線 小陰線

syouinnsenn100129
大陽線、大陰線とも相場の動きが極端に偏っている時に現れやすい足。概ね株価の5%程度以上のローソク足の実体をともなった時に、陽線であれば大陽線、陰線であれば大陰線と呼びます。相場がすごく強い事を表わす。[…]

上影陽線 上影陰線

ueinn100129
大陽線、大陰線とも相場の動きが極端に偏っている時に現れやすいローソク足です。陽線であれば大陽線、陰線であれば大陰線と呼びます。相場がすごく強い事を表わす。[…]

下影陽線 下影陰線

sitainn100129
下影陽線(下ヒゲ陽線)上昇を暗示するローソク足です。売り物に押され下押ししたものの、買い方に支えられ流れが反転し、寄付きより終値が高く終了した型。影(ヒゲ)が長いほど反発が強かったことを意味します。[…]

寄引同時線

yoridouji100129
寄引同時線は、相場の転換時に出現しやすいローソク足です。寄付と引値が同じで上下に影があるローソク足を言います。相場の転換を暗示するケースが多くあります。ヒゲの出方や長さによってさまざまな意味合いがあり、別項目で解説します。[…]

丸坊主寄付坊主大引け坊主

yoridouji-s
ヒゲがついていない長いローソク足。誰が見ても評価が一致するような材料が出た時にあらわれやすく、一方向に一貫して大きく動いた事を示します。陽線なら 買い勢力、陰線なら売り勢力が圧倒的に優勢であると言えます。[…]

コマ カラカサ

karakasa-s
陽線、陰線共に実体が短く、実体の3倍以上の長い下ヒゲを持つローソク足をカラカサと言います。陽線の場合、一時大量の売りで下落したが、その後それを上回る高値で引けたもので上昇を暗示。[…]

ローソク足の組み合わせ コンテンツ

あて首線 入り首線 差し込み線

あて首線
あて首線、入り首線、差し込み線とは、当日の陽線が前日の陰線の終値より下から始まり、前日の陰線の中心まで戻らない中途半端な切り替えしのローソク足の組み合わせです。[…]

包み線(抱き線)

包み線(抱き線)
包み線(抱き線)とは、前日の陰線、陽線とは逆に当日のローソク足の値幅を完全に包む大陽線または大陰線です。高値圏で現れた場合は上位の抱き線とよび売り転換、[…]

かぶせ線

かぶせ線
かぶせ線とは、前日の大陽線のあと終値よりも高く始まったが、当日の終値は前日の陽線の範囲内に終値をつける大陰線のローソク足の型です。特に前日陽線の中心以下まで陰線がかぶさった場合は、それまで[…]

切り込み線

切り込み線
かぶせ線とは逆の型で、前日の大陰線の終値より下から始まり、陰線の中心を上回る所まで戻して終わった場合のローソク足の組み合わせを切り込み線(切り返し線)といいます。相場の下位に出現した切り込み線[…]

上げ三法 下げ三法

上げ三法,下げ三法
三法とは、酒田五法で「売、買、休」の三つを指し「休むも相場」を説いたもの。ローソク足の組み方や分析とは違い、相場の転換点なのか小休止なのかなどを見極める教えです。上げ三法は買い、下げ三法は売りを示唆します。[…]