ローソク足の基礎知識

株価分析の種類

株式投資を含めFXでも先物取引でも、なんの脈略もなく「ただなんとなく儲かりそうだから・・・」と売買したところで儲かりません。株式投資で儲けるためには、株を買うための判断基準と、売るための判断基準、さらには途中の維持管理における判断基準は絶対に持っておかなくてはいけません。

その判断基準となる株価分析の方法には主に2つのやり方があります。ファンダメンタル分析テクニカル分析です。


ある学者によると、アメリカの場合、景気と株価に関係があったと思われるケースは51%。あまり関係がなかったとする部分は49%とされています。日本の場合でも、59%が関係あり、41%は関係があまりなかったという調査が出されています。つまり、景気や企業業績の研究をすることは重要なことであるけども、およそ半数近くは関係性に欠けるということを意味しています。

株価はその時々の様々な材料や市場心理を織り込みながら上下していますが、結果としてそれら一切合切を織り込んでいる株式チャートには典型的な売りや買いのパターンが多く存在します。

これらの売り買いのパターンは、言わば相場変動のクセであり、株式チャートに映し出された昔も今も変わることのない投資家心理を映し出すものであるということです。
この株式チャートのクセを読み解くことで、ファンダメンタル分析では理由がつかない部分を補完し、投資利益の向上に役立てていこうというのがテクニカル分析の意味するところです。

超実践的売買ルール構築術
無料公開中!

⇒ 今すぐ実践的売買ルール構築術を学ぶ

ローソク足の基礎知識

「ローソク足の基礎知識」では、株を売り買いするための判断基準の一つであるテクニカルチャート分析のうち、その基本中の基本となる「 ローソク足 」に主に焦点をあてながら相場での癖、つまり、投資家の心理的な動きを読み解くにあたりなぜそのような値動きになったかを考えていきます。

単体の足・・・、例えば実体が長い大陽線が出たとしたら、好決算発表があったとか、新商品の発表、新製品の開発など市場参加者の心理が好転するような出来事があったことが考えられます。市場参加者としては、株を買うためのキッカケが欲しいので、好材料に反応したことの軌跡がローソク足として表現されることになります。

大陽線

3436SUMCO(日足)
6.7%の大陽線の出現で流れが変わった事例

ローソク足の組み合わせから成り立つ二本足(二本線)や古くから伝わる酒田五法などを用い、市場の方向性を見出したり買いのポイント、売りのポイントなどローソク足の読み方を考察します。

ローソク足の基礎知識は、市場参加者の心理が表現されている大事な指標です。もちろん、ローソク足分析が全てではありません。「だまし」といわれる判断違いも多く存在します。「だまし」の出現、さまざまに派生した株価のテクニカル分析とローソク足との組み合わせ。それぞれの投資家のリスク許容度や資金量、目指すリターンなどを踏まえながら、儲けるための投資判断基準を示していき、株式市場という大海原を航海するための羅針盤として個人投資家の皆様のお役に立てれば幸いと思っています。

■買いサイン売りサイン一覧表■
無料進呈

人は合理的な判断で行動しているわけではありません。株を買ったり売ったりするのは、最終的には「感情」が大きく影響しています。

その「感情」チャートパターンによく現れています。だから、買いサインや売りサインとしてよく機能することになります。

買いサインや売りサインを知る事は、トレードを成功させる第一歩です。

買いサインや売りサインの一覧表をPDFで用意しました。
6ページ分の一覧表にまとめてありますので、売買を行う際にPCの横に置いておくと便利です。また、各サインには弊社サイトへリンクを貼っているので、チャートパターンが形成された背景や理由を確認するのに大変便利です。

無料PDFレポートです。よろしかったらどうぞ。

メールアドレス

ローソク足の基礎知識 コンテンツ

ローソク足の読み方

売り手と買い手の勢力関係、マーケットに存在する建て玉、ポジションの需給バランス、材料出現後の相場の反応度合いなどが凝縮されるのみならず、投資家心理の心の移り変わりを最も端的に読み解く際に重要なのがローソク足の見方です。

大陽線 小陽線

yousen1001大陽線、大陰線とも相場の動きが極端に偏っている時に現れやすいローソク足です。概ね株価の5%程度以上の実体(胴体)をともなった時に、陽線であれば大陽線、陰線であれば大陰線と呼びます。

上ヒゲ 下ヒゲ

ueinn100129大陽線、大陰線とも相場の動きが極端に偏っている時に現れやすいローソク足です。陽線であれば大陽線、陰線であれば大陰線と呼びます。相場がすごく強い事を表わす。

十字線

yoridouji100129売り手と買い手の勢力関係、マーケットに存在する建て玉(たてぎょく)、ポジションの需給バランス、材料出現後の相場の反応度合いなどが凝縮されるのみならず、投資家心理の心の移り変わりを最も端的に表現するのがローソク足の見方です。

丸坊主寄付坊主大引け坊主

yoridouji-sヒゲがついていない長いローソク足。誰が見ても評価が一致するような材料が出た時にあらわれやすく、一方向に一貫して大きく動いた事を示します。陽線なら 買い勢力、陰線なら売り勢力が圧倒的に優勢であると言えます。

コマ カラカサ

karakasa-s陽線、陰線共に実体が短く、実体の3倍以上の長い下ヒゲを持つローソク足をカラカサと言います。陽線の場合、一時大量の売りで下落したが、その後それを上回る高値で引けたもので上昇を暗示。


ローソク足の組み合わせ コンテンツ

あて首線 入り首線 差し込み線

あて首線あて首線、入り首線、差し込み線とは、当日の陽線が前日の陰線の終値より下から始まり、前日の陰線の中心まで戻らない中途半端な切り替えしのローソク足の組み合わせです。

包み線(抱き線)

包み線(抱き線)包み線(抱き線)とは、前日の陰線、陽線とは逆に当日のローソク足の値幅を完全に包む大陽線または大陰線です。高値圏で現れた場合は上位の抱き線とよび売り転換。

かぶせ線

かぶせ線かぶせ線とは、前日の大陽線のあと終値よりも高く始まったが、当日の終値は前日の陽線の範囲内に終値をつける大陰線のローソク足の型です。特に前日陽線の中心以下まで陰線がかぶさった場合は、それまで

切り込み線

切り込み線かぶせ線とは逆の型で、前日の大陰線の終値より下から始まり、陰線の中心を上回る所まで戻して終わった場合のローソク足の組み合わせを切り込み線(切り返し線)といいます。相場の下位に出現した切り込み線

はらみ線、はらみ寄せ線

はらみ線はらみ線とは、前日の値幅以内で動き、それまでの売り方、買い方が小幅な動きの中でせめぎ合っている型です。前日の大きな動きを母体として、当日の小幅な足を「はらんだお腹の子」と見立てた呼び方です。

首吊り線

首吊り線「首吊り線」は上昇相場の中で窓を開け上放れで寄りついたあと、利益確定売りなどから大きく下押し。その後結局は高値で引けた型を表わすローソク足の型を首吊り線といいます。

捨て子線

捨て子線とは、ポツンと捨てられたように前後に窓をあけた寄引同時線の事をいいます。

たくり線

下影陰線、たくり線がでたときは買いのサインとなるケースが多い。急反発して引けた、波乱の足型をいう。たくり線は、大陰線の翌日(翌週)に、下放れ「下影陰線」または、「陰のカラカサ」をつけた型。


酒田五法コンテンツ

三山(三尊天井、逆三尊底)

三山三山とは、上値を3回試したが上抜くことができず上昇相場の終焉を意味します。大天井を打つときに出現すると言われます。真ん中の大きな釈迦の左右に菩薩が配置され三尊像のような形状から名づけられました。

三川宵の明星 三川明けの明星

三川 明けの明星三川とは、陽線の右上、陰線の右下にそれぞれ短いローソク足が空を作り、まるで星が出たような形になった後、3本目に1本目とは陰陽反対の線が空を作った場合の事を酒田五法では三川明けの明星、三川宵の明星

三空叩き込み・三空踏み上げ

三空叩き込み三空が長い下落相場の後に出現した場合、酒田五法では「三空叩き込みに買い向かえ」と言われ、買い場となる可能性が大。逆に三空踏み上げは売り向かえと言われます。

赤三兵 黒三兵(三羽烏)

赤三兵三山とは、上値を3回試したが上抜くことができず上昇相場の終焉を意味します。大天井を打つときに出現すると言われます。真ん中の大きな釈迦の左右に菩薩が配置され三尊像のような形状から名づけられました。

上げ三法 下げ三法

上げ三法,下げ三法三法とは、酒田五法で「売、買、休」の三つを指し「休むも相場」を説いたもの。ローソク足の組み方や分析とは違い、相場の転換点なのか小休止なのかなどを見極める教えです。上げ三法は買い、下げ三法は売りを示唆します。。