相場は自分の思い通りには動かない。


この一文だけみると、
「そんな事、当たり前だろう」と
思うに違いない。


しかし、振り返って考えてみると、
自分の思惑に反した動きをすると、
とんでもなく嫌な気になるし
全てを否定されたようにも
感じたことはよくあるだろう。

人間には承認欲求というのがあって、
常に誰かから認められたいという
欲望を持っている。

子供が、「ねーねー、おかあさん。見て見て」
と絡んでくるのはその典型。

学生時代や社会人になって、
意見の合うもの同士がグループになるのも、
互いに認められたい欲望がそうさせる。

大人になった今も、
承認欲求を常に抱えており、
否定されることや、
認めてもらえないことがあると
精神的にダメージを負うことはよくある。


相場なんてまさにそう。

否定されることばかり。
しっかり分析したんだから、
株価が上がってもらわなければ
困ると考えている。

逆行する事はおかしい。
何かが間違っている。
その何かは、なんなんだろう?
と悩みはじめる。

相場は認めてくれないだけじゃなく、
手持ち資金を減らすことにもつながる。

精神的にも金銭的にも苦痛を
与える事になる。
なおさら厄介だ。

その解決法は、
これ1つしか方法はないと言っていい。


『経験値を蓄える』
しかない。

練習を通じて経験値を積み上げる。

練習だから資金は減らない。
練習だから失敗できるし、
失敗することで学べることも多くある。

たくさん練習すればするほど
経験値を積めるし、
失敗に対する改善方法を
たくさん知る事ができる。


相場の世界で承認欲求が
満たされると思わないほうがいい。

常に裏切られるし、イライラする。

だから、裏切られることを
前提としてシナリオを組めばいい。

上がると思って下げることもある。

すると考えるべきは、
逆行すれば逆指値注文で
損切り出来るように設定しておく。

このまま含み益が拡大し続けると
思わせておいて、押したり
反転下落する事もある。

ただの押しか、
反転下落かがわからなければ、
その時にどうするかを
決めておけばいいと言うことになる。

5%とか10%とか、
狭いレンジの中でうまく玉操作をして
損を小さくしようともがく人もいる。

ほとんど意味がないことに集中して、
うまくやろうと必死になる。

必死になっても、
結果裏切られるから
否定された気になってまた落ち込む。

うまくやろうとしても
うまくいかないんだから、
最初に損切り設定に従うか、
せめて同値で撤退するか。

そう言う事も含めて
練習で徹底的に経験値を積む。

思い通りにいかないことを
前提として、シナリオを組む。



すると、少しだけイライラから解放される(笑)

読むだけでメンタル強化できる。トレードに役立つメルマガを無料でお届けします。下のテキストボックスにメールアドレスを入れてクリックするだけです。購読中、不要になった場合はワンクリックでいつでも解除できます。
1万人以上の個人投資家と接してきた経験を元に、メンタル強化に役立つ情報を全力で書いているので、トレードで強くなりたい人は必須

mailアドレス