「絶対、うまくやれる方法があるに違いない」

「相場師という人達は儲けてるんだから、
 その方法を真似ればいいだけ」

「勝つルールが何処かにあるはずだ」


そんな事を本気で考えてた。

何かを手っ取り早く習得するには、
マニュアルを手に入れて
その通りにすればいいと信じて疑わず、
方法論探しに随分時間を浪費した。

実際に相場で稼いでいる人に師事しても、
それでも何も見えてこなかった。

何年か経過して、お金も底をつきかけて、
ようやくわかった事がある。


「うまくやれる方法なんて何処にもない・・・」
ファンダメンタルを読みきったつもりでも、
テクニカルを駆使したつもりでも、
ネット上の噂を集めれるだけ集めたつもりでも、
結局、相手の動きなどわかる訳がない。

順行した場合でも何処まで伸びるかわからない。

逆行し他場合でも何処まで落ちるかわからない。

たまたま、一時的な押し目で反転し順行するかも
しれないし永遠に上がってこないかもしれない。

それらが分かるためには時間が経過して
振り返ってみたときにはじめて見えるもの。

つまりポジションを持っている段階では、
何もわからないという事になる。


  • あっ、一時的な押しだったから手仕舞いしなきゃよかった
  • 逆行し戻ってこないじゃないか、あそこでロスカットだった
  • ロスカットせずにポジション持っとけばよかった。

と、これらは全て振り返ったときに
はじめてわかるものである。

未来は分からないんだから、
どんなに上手くやろうとしても上手くできない。

全てのポジションで利益を出そうと思っても
できるはずがない。

勝とうと思って勝てない、
儲けようと思って儲からない。

そもそも、儲けるためにやってるのに、
お金は減る一方。

あらゆる事に関して
ストレスが溜まる(笑)
では、どうすればいいのか?

物理的にできもしない事を
やろうとしないにつきる。

上手くやろうとしても、
できない事はできない。

わからない事はわからない。


まずは、これを大前提にするところから
始める必要がある。

あと幾つかベースになる前提条件があるが、
そのベースの上に自分なりのエッセンスを
盛り付けていく。

エッセンスの基本になるものは、
利益が乗っかっているなら持ち続ける。
一定ラインまで逆行したら切る。


つまり
損は小さく、利益は大きく。
誰もが知ってる儲かりワード(笑)


『 損小利大 』


誰でも知っているワードであるが、
知ってても役に立てていない。

身に付けられないんだから、意味がない(笑

投資の「儲かりワード」

これを一つ一つ、
自分のものにしていく作業が必要になる。

すると、
儲かる側のトレーダーになれるのである。

まあ、簡単にはわからないだろう(笑)