概要

  1. 確定損を出し続けろ!
  2. これがトレンドフォロー戦略だ

確定損を出し続けろ!

2月も確定損が相当出た。
受講者さんと比べても間違いなく
ダントツだろう。

他の誰よりも1番損を出しているのは私(笑)


しかし、私はどちらかと言うと
ほくそ笑んでいる。


なぜなら、
間違ったものはさっさと切り、
トレンドに乗っかったもの、
もしくは、
トレンドに乗っかりそうなものばかりが
手持ちで残っている。

ざっと、含み益では
一流企業の役員の年収ぐらいはあるだろうか。

確定損はまあまああるが、含み損は実に少ない。

間違ったエントリーから資金を解放して
これから可能性のあるものに、
資金をシフトし続けている。


「 相場は確率だ 」
と言うことが骨の髄までしみているので、
エントリーした以降こだわりはない。

大衆投資家のように、
一回一回のエントリーにこだわりを持ち、
全ての仕掛けで儲けが出るとは
微塵も思っていない。


月に100回取引するとしたら、
100回のうちのたったの一回の取引。

100分の一に過ぎないと知っている。
自分の戦略上の勝率も知っている。
適切に建て切りをすれば、
損益比がどうなるかも把握できている。

今、目の前でやる事は、
含み益が減ることを恐れて
チキン利食いすることでもなく、
確定損を小さくまとめることでもない。

仕掛けるべき仕掛けを行い、
間違えたものはさっさと切り、
トレンドに乗ったものは乗り続ける。

これだけの事。


どうやって儲けが得られるか?
その本質の部分から理解できていれば
何も恐れることがなくなる。



2・これがトレンドフォロー戦略だ

最近トレンドフォロー戦略を
お二方の受講者さんに
アドバイスさせてもらった。

それは、次の通り。


トレンドフォローでの儲けの仕組みは、
勝率33%損益比2.0で収益はトントン。
これが大事。

3回のうち1回勝って2回負ける。

LCを便宜上ー5%として
2回負けるので−10%。

損益比は2なので1回の勝ちは10%
シンプルな戦略の概念だ。


全ての基本戦略はこれ。
トントンを目指すということ。

ではどうやって儲けるのか?


損益比2が基本だが、
トレンドが出続ける限り降りない。

そうすると、20%、30%、50%
という含み益を得られる取引が出てくる。

この場合の損益比は、
当然2以上ということになる。


例えば昨年のユニーファミマ。
8月10000円だったものが
11月には16000円に。
+60%だ。
保有期間は4ヶ月。

これで利益を積み上げていく。

他の取引では損益比2だとしても、
こういうトレンドを捉えた取引が
利益をもたらせてくれる。
しかも、増し玉をしていくので、
利益はもっと拡大していく。


例えばMonotaRo
2017年11月1500円、2018年10月で3300円
+120%。
保有期間は1年。

それぞれ4ヶ月、
1年という期間の間含み益は
拡大し続けることになる。

PO(ペイアウト)サイクル
だということは簡単にわかる。

では、ピークを過ぎたあと、
ユニー・ファミマだと12月以降、
MonotaRoでは10月以降。

含み益は当然減る、
もしくは両建てが増える。

この段階でPB(ペイバック)サイクルに
入ったと断定するのは早いが、
流れがPOからPBに変わりつつ
あることはわかる。


LCを狭めて損害を小さくする
努力をする人がいる。
それが悪いとは言わないが、
Monoやユニーのように
120%とか60%取れるときは取れる。

LCをうまくやろうとすること・・・、
ー3%で切るとか−2%にするとか、
極端に言えば「そんなことはどうでもいい」
ということになる。

トレンドフォローでの儲けの仕組みは、
勝率33%PF2.0で収益はトントン。

たくさんシミュレーションをして
経験値を積み上げる事だ。

結果はトントンで構わない。

ただしトレンドが出ているのに、
わざわざ降りていいわけではない。

トレンドに乗り続けることは必須。
トレンドに乗ったポジションが
利益を生み出してくれる。


そして私は今月も、
誰よりもたくさん確定損を出し続ける(笑)

読むだけでメンタル強化できる。トレードに役立つメルマガを無料でお届けします。下のテキストボックスにメールアドレスを入れてクリックするだけです。購読中、不要になった場合はワンクリックでいつでも解除できます。
1万人以上の個人投資家と接してきた経験を元に、メンタル強化に役立つ情報を全力で書いているので、トレードで強くなりたい人は必須

mailアドレス