戦略大成功

昨日の昼からの日経平均上昇を覚えておいてください。
そして、年初来高値更新銘柄数の多さも注目です。

こういう時に一気に稼ぐべきだとわかるはずです。

現在含み損益+555300円

Smさん
受講者さん
8月の進捗状況ですが、実戦取引を開始して3か月目ですが、日々の資金の増減にも大分慣れてきた感じはあります。

先月などは1日で15%近くのドローダウンが起きたりすると、不安とやるせなさで気が滅入っていましたが、「この動きは自然現象でもあり、受け入れるしかない。その上で自己のトレードの検証改善を行っていく。」と考えるようにしました。

自分のスタンスとしてある程度時間をかけて大波に乗っていくことが1番の目的ですので、短期的な結果が云々という短い時間軸でのやりとりで精神を消耗しないようにしていきます。
(途中省略)

8月の取引結果になります。

総売買回数(確定分) 18回
勝ち数   4回
負け数   14回(内同値撤退1回)
勝率    22.2%
利益の合計 267600円
利益の平均 66900円
損失の合計 ‐244500円
損失の平均 ‐17464円
平均損益率 3.83
損益合計  23100円
平均損益額 1283円

現在保有銘柄合計含み損益
555300円(9101郵船本玉分を含む7銘柄)

反省、考察

確定分の利益の合計267600円に関しましても、9101郵船の増し玉分の手仕舞い(+50%相当)が大きなウエイトを占め、郵船の動きに助けられたというところが非常に大きいです。

仮にこの銘柄を除いた場合の結果を見てみると8月の損益合計(確定分)が23100円→‐207900円、平均損益額が1283円→‐12229円、現在保有銘柄合計含み損益が555300円→202300円となり、ほぼトータルでトントンですが、なかなか甘くない結果となりました。

郵船以外の銘柄で問題のあるトレードを行っている可能性が高いということが考えられます。

日誌をもう一度見直してみて、負けトレードの主な原因を考察してみました。考えられた原因としまして

  1. エントリータイミングが一歩遅いものがあった。
  2. 含み益が3%以上乗った後、失速し、だらだらと反落の途中で同値撤退で切れないものがあった。
  3. 上がると決めつけて、リスク管理の甘い増し玉を行っていたものがあった。
  4. 郵船の含み益を担保という考えで値嵩株で無理なエントリーをして中途半端なところで切れて大きな損失を出してしまった。

仮にこれら1~4にしっかり対処できていれば、勝率22.2%→27.7% 同値撤退1回→3回損益合計(確定分)23100円→201360円となり
178260円も損失を抑えることが出来ていたことになりました。

手動手仕舞いなど裁量の部分もありますので実際はこんな数字通りにはいかないとは思いますが、もう少し、上手くできていたのではないかと思います。

これらのことに気をつけながら今後のトレードに臨んで参ります。

この戦略は間違っていません、むしろ大成功

不安とやるせなさで気が滅入っていましたが、「この動きは自然現象でもあり、受け入れるしかない。

その通りです。チャートに従うしかないんですよ。
モニターの下からウチワであおごうが、モニターの天地を逆転させようが、チャートの動きに手を加えることはできません。

自分のスタンスとしてある程度時間をかけて大波に乗っていくことが1番の目的ですので、

全くその通り。何をやろうとしているのか?このことがわかっていると、自分が何をすればいいのか簡単に見えてきます。

素人は、ここが欠けています。目の前のチャートの動きに翻弄され、下げれば手仕舞い、上げれば慌ててエントリー。もしくは、怖くて入れず、随分遅れてエントリーすることになったり、やっていることが支離滅裂。勝てないわけです。

問題を洗い出すことも必要ですが、こういうトレードをやっているわけです。

トータルでプラスマイナスゼロを目指すので、間違っていません、むしろ大成功です。
勝ちトレードのうち、9101郵船のようなホームランが取れるので、それが口座残高を増やします。

リスクを極めて限定し、利益の最大化を狙う超トレンドフォロー戦略を取っているので、戦略通りです。

暗黙知を身につけた人

以前「暗黙知」という話をしました。
数の暗黙知とは、考えなくても感覚でやれる力。

自転車に乗る時、いちいち考えながら乗らなくても乗れてしまう。一度、自転車の乗り方を覚えてしまえば、一生考えなくても乗れてしまう。

長年かかって身につけるお茶の所作も、チャートノックをこなすということも、守破離の守とか、経験値を積み上げるとか、言ってることは全部同じことです。

参考図書として紹介している、林成之先生の「勝負脳の鍛え方」にはイメージ記憶として書かれています。

暗黙知を身につける作業が進んでいる人は、チャート分析実践編なんかも、サラッと答えてしまいます。

こういうことが日頃から出来るので、今のような年初来高値が連発するような相場にあって、相当利益を上げて要ることでしょう。

たくさん練習してきた人は、今こそ生かせるチャンスです。

まだ練習がたらない人は、たくさんチャートをみて、維持管理をイメージしてください。
Smさんが稼いでいるように、真面目に取り組む人は誰でも稼げるようになれますから。

どうすれば儲かるようになれるか

ポイント

『どうすれば儲かるようになれるか』を追求するなら、なによりも先に『どのような仕組み、ルール』で売買するか?をハッキリさせておかなくてはいけません。

受講者さんの課題の添削をしていると、『基本戦略』が曖昧な人が実に多い。言い換えると、その場の思いつきで売買しているのです。思いつきで売買したところで儲かるわけがありません。

投資教育事業を10年以上、5,500名を超える受講者さんにアドバイスしてきて、稼げない人にもっと欠けているもの、それが「売買戦略」です。

売買を大きく分類すると、1・順張り(トレンドフォロー)2・逆張り(カウンタートレード)があり、どちらを選ぶかでやり方は変わってきます。

そのうち、私が力を入れてアドバイスするのは、1の順張り(トレンドフォロー)であり、トレンドフォローを進化させた『超トレンドフォロー戦略』のアドバイスをしています。

なぜ、カウンタートレードではなくトレンドフォローなのか?

それは、稼げるからです。
カウンタートレードは、労力の割に儲からないやり方です。小さな利益をコツコツ積み上げ、ある時一気に吐き出してしまう。遊びでやっているならまだしも、お金を稼ぐ目的でやるにはそぐわない戦略です。一方、トレンドフォローは理にかなった戦略なのです。

株で利益をあげるコツは、安く買って高く売ることが基本中の基本になりますが、その価格差が大きいほど利益も大きくなります。短期間で2倍になる銘柄も珍しくなく、6532ベイカレントコンサルティングなどは、1年で10倍にまで成長しています。

さらに、『超トレンドフォロー戦略』とは、リスクを最小限に抑え込み、利益の最大化を図るトレンドフォロー戦略の進化版です。

『超トレンドフォロー戦略』の入門用としてPDFレポートを作成しています。
「あー、そういうことだったのか!」と、思わず膝を打つことになるでしょう。実は、株価が動く本質に帰ればやることは単純です。

投資アドバイスを10年、5500名を指導してきた経験から、誰でもわかるように超トレンドフォロー戦略を丁寧に解説しました。

無料です。
レポートの最終ページには、力試し用にチャート読解力を問う問題を用意しています。実践家がどんな視点でチャートを見ているのか?これだけでも、相当価値があるはずです。

超トレンドフォロー完全ガイド

「超トレンドフォロー戦略  —完全ガイドブック—」

無料進呈

メールアドレス