たくり線
実践投資アドバイザー

実践投資アドバイザーの住川が解説します。
投資歴21年。投資教育事業は今年で11年。その間5,500名を超える受講者さんを指導。稼げるトレーダーを多数輩出。⇒ミッション及び会社概要投資力養成プログラム・11周年受講者さんの声

ポイント

ローソク足の組み合わせは、ローソク足単体で見るより市場参加者の心理を詳細に読み取ることが出来ます。

  • ホルダー(すでにその株を買って持っている人)の心理。
  • 買い方(これから買おうとする人、もしくは、今買った人)の心理。

両者の綱引きが行われていて、その力関係はローソク足の組み合わせで表現されます。このバランスが崩れる時こそが、上昇、下落の転換点になります。

結論

「たくり線」は、上昇転換を示唆するサインとなります。

下落相場において窓を開けて安く寄り付きローソク足が長く下ヒゲをのばした下ヒゲ陰線(下ヒゲ陽線でも可)をたくり線といいます。大底を打ったと判断し買いのサインとなる可能性大です。

たくり線とは

たくり線解説

1本目の大陰線と窓開け下落で、

買いの勢い < 売りの勢い

であった状態から、2本目の下ヒゲ陰線もしくは下ヒゲ陽線をつけた。下ヒゲが長いことは急反発して引けたことを意味することから、

買いの勢い >> 売りの勢い

と、売り買いの勢いが逆転したことを示しています。
また、窓開け上昇し3本目の陽線で、

買いの勢い > 売りの勢い

と底打ち反転することになり、上昇転換することになりました。
逆張り派の買いシグナルといえます。
下ヒゲが長いほど、反発力が強いことを示します。

- 次の記事を読むことでチャート分析の重要性がわかります -

たくり線事例

たくり線日本精化4362 日本精化(日足) たくり線
6920 日本電産(日足) たくり線
たくり線4574 大幸薬品(日足) たくり線

- 売買サインが一目でわかるので便利です -

■ もう、売買サインで迷わなくて済む ■
一目でわかる売買サイン一覧表
無料進呈

株を買ったり売ったりするのは、人の「感情」が大きく影響します。その「感情」チャートによく現れ買いサインや売りサインのパターンとして機能します。

売買サインを知る事は、トレードを成功させる第一歩です。売買サインの一覧表をPDFで用意しました。6ページ分の一覧表なので、売買を行う際にPCの横に置いておくと便利です。無料PDFレポートです。よろしかったらどうぞ。

メールアドレス