ローソク足の基礎知識

株価分析の種類

株式投資を含めFXでも先物取引でも、なんの脈略もなく「ただなんとなく儲かりそうだから・・・」と売買したところで儲かりません。株式投資で儲けるためには、株を買うための判断基準と、売るための判断基準、さらには途中の維持管理における判断基準は絶対に持っておかなくてはいけません。

その判断基準となる株価分析の方法には主に2つのやり方があります。ファンダメンタル分析テクニカル分析です。

ある学者によると、アメリカの場合、景気と株価に関係があったと思われるケースは51%。あまり関係がなかったとする部分は49%とされています。日本の場合でも、59%が関係あり、41%は関係があまりなかったという調査が出されています。つまり、景気や企業業績の研究をすることは重要なことであるけども、およそ半数近くは関係性に欠けるということを意味しています。

株価はその時々の様々な材料や市場心理を織り込みながら上下していますが、結果としてそれら一切合切を織り込んでいる株式チャートには典型的な売りや買いのパターンが多く存在します。

これらの売り買いのパターンは、言わば相場変動のクセであり、株式チャートに映し出された昔も今も変わることのない投資家心理を映し出すものであるということです。

この株式チャートのクセを読み解くことで、ファンダメンタル分析では理由がつかない部分を補完し、投資利益の向上に役立てていこうというのがテクニカル分析の意味するところです。

ローソク足の基礎知識

ローソク足の基礎知識では、株を売り買いするための判断基準の一つであるテクニカルチャート分析のうち、その基本中の基本となるローソク足に主に焦点をあてながら相場での癖、つまり、投資家の心理的な動きを読み解くにあたりなぜそのような値動きになったかを考えていきます。

単体の足・・・、例えば実体が長い大陽線が出たとしたら、好決算発表があったとか、新商品の発表、新製品の開発など市場参加者の心理が好転するような出来事があったことが考えられます。市場参加者としては、株を買うためのキッカケが欲しいので、好材料に反応したことの軌跡がローソク足として表現されることになります。

大陽線事例3436SUMCO(日足)
6.7%の大陽線の出現で流れが変わった事例

ローソク足の組み合わせから成り立つ二本足(二本線)や古くから伝わる酒田五法などを用い、市場の方向性を見出したり買いのポイント、売りのポイントなどローソク足の読み方を考察します。

ローソク足は、市場参加者の心理が表現されている大事な指標です。もちろん、ローソク足分析が全てではありません。「だまし」といわれる判断違いも多く存在します。「だまし」の出現、さまざまに派生した株価のテクニカル分析とローソク足との組み合わせ。それぞれの投資家のリスク許容度や資金量、目指すリターンなどを踏まえながら、儲けるための投資判断基準を示していき、株式市場という大海原を航海するための羅針盤として個人投資家の皆様のお役に立てれば幸いと思っています。

ローソク足の読み方_市場参加者の心理の移り変わりを読む

心理の移り変わりを読む

始値、高値、安値、終値の4本値を使って株価の動きを一本の足に正確に表わしたものを、ローソクの形に似ている事からローソク足と呼びます。始値、高値、安値、終値の4つの値段の組み合わせで、いろいろな型ができます。享保の時代、大阪、堂島の米相場で用いられたのが始まりとされ、近年においては、わかりやすさから海外でも認められ、以後キャンドル・チャートとも呼ばれるようになっています。

このローソク足の読み方は、売り手と買い手の勢力関係、マーケットに存在する建て玉(たてぎょく)、ポジションの需給バランス、材料出現後の相場の反応度合いなどが凝縮されるのみならず、投資家心理の心の移り変わりを最も端的に表現するのがローソク足です。

ローソク足は一定期間の値動きを表しローソク足の読み方を知ることで投資判断基準の一つとして用いることができるようになります。

ローソク足の成り立ち

日足(ひあし)の場合、一日のうちの始値(はじめね)・高値(たかね)・安値(やすね)・終値(おわりね)を目盛り上にとり、ヒゲや胴体(実体)の形に表わします。


始値(はじめね)
その日の最初に成立した取引の値段。寄り値、寄り付き。取引開始の午前9時についた値段というわけではありません。売り買いの注文の状況によっては値段がつかない事もあります。


高値(たかね)
その日に取引された内で最も高い値段。ローソク足では常に一番上に表現されます。


安値(やすね)
その日に取引された内で最も安い値段。ローソク足では常に一番下に表現されます。


終値(おわりね)
その日の最後に成立した取引の値段。引け値、大引け。取引終了の午後3時についた値段というわけではありません。注文が極端に少なければ、始値=終値ということもあります。引け間際に注文が殺到すると3時を過ぎて成立する事もあります。



陽線(ようせん)
終値 > 始値のローソク足。(白抜きになります)この陽線が連続的に出るときは、相場は上昇傾向にあると判断できます。


陰線(いんせん)
終値 < 始値のローソク足。(塗りつぶしで表わします)この陰線が連続する場合は、相場は下落傾向にあると判断できます。

ローソク足は期間(時系列)を一本のローソクで表わした非常にすぐれた表記法です。ローソク足の見方としては、一日の4本値(始値、終値、高値、安値)で表わした日足(ひあし)、5分ごとの5分足や、一週間ごとの週足、月ごとの月足、年ごとの年足などで表現されます。

一本のローソク足が表わす株価の動き


日足(ひあし)
一日の寄付(始値)より引値(終値)が高い場合には、その間の実体(胴体)部分が白抜きで表わされます。逆に安い場合には、実体(胴体)を黒く塗りつぶして表現されます。そして、この実体(胴体)に安値と高値の線を引き結んだものが日足(ひあし)というローソク足となります。


週足(しゅうあし)
一週間の時系列をローソク足で表わしたもので、引き方は日足と同じ。週初めの月曜日の寄付と、週末の金曜日の終値を実体で表現します。そして、週中での安値と、高値を実線で結ぶと週足のローソク足が表現できます。日足でみる相場の方向性(トレンド)に迷いが生じるようなときは、週足を見ることでやや中期的な方向性を読み解くとこもできます。

月足(つきあし)

一ヶ月の時系列をローソク足で表わしたもの。月初めの寄付、月終わりの終値、月中の安値、高値で表現されます。長期的な相場の方向性を確認するために利用する指標の一つです。

プロなら月足をこう読み、こう活用する




■ 買いサイン売りサイン一覧表PDF 無料進呈 ■

人は合理的な判断で行動しているわけではありません。株を買ったり売ったりするのは、最終的には「感情」が大きく影響しています。

その「感情」チャートパターンによく現れています。だから、買いサインや売りサインとしてよく機能することになります。

買いサインや売りサインを知る事は、トレードを成功させる第一歩。

買いサインや売りサインの一覧表をPDFで用意しました。
6ページ分の一覧表にまとめてありますので、売買を行う際にPCの横に置いておくと便利です。また、各サインには弊社サイトへリンクを貼っているので、チャートパターンが形成された背景や理由を確認するのに大変便利です。

無料PDFレポートです。よろしかったらどうぞ。

メールアドレス