切り込み線

■ もう、売買サインで迷わなくて済む ■
一目でわかる売買サイン一覧表
無料進呈

メールアドレス

アドバイザー2

実践投資アドバイザー住川。投資歴21年。投資教育事業は今年で11年。その間5,500名を超える受講者さんを指導。稼げるトレーダーを多数輩出。
ミッション及び会社概要 投資力養成プログラム・11周年受講者さんの声

かぶせ線とは逆の型で、前日の大陰線の終値より下から始まり、陰線の中心を上回る所まで戻して終わった場合のローソク足の組み合わせを切り込み線(切り返し線)といいます。

相場の下位に出現した切り込み線(切り返し線)は、売り勢力が弱まり買い転換であることを暗示します。

引けが前日の終値に比べてどこまで高く寄り付いたかで、「差し込み線」「入り首線」などと区別されますが、ローソク足の持つ意味合いから考えれば、底を打ち切り返してきたところで、売り圧力が弱まっている状態ということです。底値圏で出現することで、ここより下の価格では買いたいという投資家の心理を見ることができます。




切り込み線(切り返し線)

2本のローソク足を組み合わせた切り込み線(切り返し線)を一本に組み合わせて考えると、たくり線の下影陰線が現れます。売り圧力が一服している状況がうかがえます。

相場参加者の意識としては、二本目の陽線のローソク足の出現で、前日の陰線の安値や引け値を意識するところでは「やれやれ」と言った売りに押される事が多いのが実際です。ですが、この「切り込み線」はそうした戻り売りなどをこなしてなお上昇しているわけです。市場には売り物がほとんどなく、値を戻しやすい状態といえます。このことから考えて、底入れ感が強まった型あると判断できます。

切り込み線_チャート事例

切り込み線事例9468 KADOKAWA(日足) 切り込み線

■ もう、売買サインで迷わなくて済む ■
一目でわかる売買サイン一覧表
無料進呈

株を買ったり売ったりするのは、人の「感情」が大きく影響します。その「感情」チャートによく現れ買いサインや売りサインのパターンとして機能します。

売買サインを知る事は、トレードを成功させる第一歩です。売買サインの一覧表をPDFで用意しました。6ページ分の一覧表なので、売買を行う際にPCの横に置いておくと便利です。無料PDFレポートです。よろしかったらどうぞ。

メールアドレス