三兵とは、陽なら陽、陰なら陰が3本並行して、同一の方向に階段状になっている場合をいいます。


赤三兵

陽線のローソク足が連続したものを酒田五法では赤三兵と呼びます。

上値および下値とも切り上げるジリ高で、大きな上げ相場の初期の段階をさします。ただし、赤三兵でも高値圏で出現し、上ヒゲをひいてきたのは「赤三兵先詰まりとされ上伸力が鈍いことを示します。



赤三兵

下値をそれぞれ切り上げ、上値をそれぞれ切り上げて上昇している状態を示しています。売り方は、「そろそろ買い戻さないといけない」となるでしょうし、一方の慎重な投資家は、「そろそろ買ってみようか」という心理状態が予想されるので上昇の予兆つまり、買いサインということになるわけです。

ただし、高値圏や十分上昇した後の赤三兵は、上げ過ぎているとも読み取れるため、天井が近いことを意味します。

赤三兵が買いサインとして有効なのは、保ち合い期間あるいは、下値(下落時)ということになります。




9882イエローハット(日足)

上のチャートは、9882 イエローハットですが、2010年10月に下落し、最安値501円を付け反転しました。11月4日から3本出現し、赤三兵となっています。その後、陰線の後大陽線が出現し強い上昇トレンドへと転換しています。

赤三兵とともに5日移動平均線下値抵抗線となっていること、ゴールデンクロスが表れていることなど、絶好の買いポイントを示しています。


黒三兵 (三羽烏、さんばがらす)

一方、陰線のローソク足がが3本連続して並行した場合を「黒三兵」または「三羽烏(さんばがらす)」と呼びます。大引と寄引が同じ値段で続いているものが、「同時三羽」で酒田五法では特に弱い線とされています。



黒三兵(三羽烏・さんばがらす)

黒三兵 (三羽烏)は、上昇トレンドまたは下落トレンドの中の戻りの場面に現れると注意が必要です。3つの長い陰線のローソク足が続き、二本目が前日(前週)のローソク足の胴体(実体)の幅で始まります。そして、引けにかけて前日の終値を下回り、 三本目も二本目と同様な型のローソク足を形成したものが黒三兵(三羽烏さんばがらす)です。弱気の陰線が続き下落相場への転換を示唆します。

相場参加者の心理的側面を考えると、上値および下値をじりじりと下げ続け、買い方にとっては上値の限界を感じ始め、売り方にとってはチャンスが到来してきていることを思います。上の図のように黒三兵を一本にまとめてみると、大陰線が現れることがわかります。相場全体が弱気に支配されていることを意味します。

ただし、最初の陰線が上放れたところから出ると、「押さえ込み線」となり、それは、買いシグナルとなりますから、最初の陰線の位置に注意が必要です。


3401 帝人(週足)  黒三兵(三羽烏)
3401 帝人(週足)  黒三兵(三羽烏)

上昇トレンド中の帝人の株価は、若干の調整を入れながら上昇している最中、5/12に最高値を付けその後、黒三兵(三羽烏)が出現しその後下落局面へ転換することとなりました。この時、13週移動平均線である、下値抵抗線を割り込んでいることがわかります。

黒三兵の3本の長い陰線を一本にまとめてみると、大陰線となり相場の転換点であることが容易に想像できます。高値圏で大陰線が出現するということは、買い方は利食いを急ぎたい心理が働き、売り方は、このタイミングとばかりに売り浴びせることになります。これらの市場参加者の心理状態を考えると、黒三兵(三羽烏)が現れたら、迷わず手仕舞いすることが賢明です。




売りサイン・買いサイン一覧表無料進呈

そうそうそう、これこれ。
こういうのが欲しかったんですよ。
型なんか覚えてられないから、一目でわかるように一覧表が手元にあって超〜便利。

子供の頃を思い出してもらえますか?
学校の教室の壁。

「あいうえお」を覚えるのに一覧表が貼ってあったでしょう。「ABC」も「歴史年表」も「日本地図」や「世界地図」も貼ってありましたよね。目につくところにある事で、自然と覚えましたよねー?

ローソク足の組み合わせは、チャートの基礎の部分でメチャクチャ大事な事なのに、なかなか覚えられませんよね。
いちいちNETで調べたり、 株本を開いたりして「この型はどれだろう。これか?いやこっちか?」と結構手間が掛かるんですよ。これが面倒(笑)

私は覚えるまでは、一覧表にして机に貼っていました。超〜大事な事だし、適当に判断を下すのも嫌でしょう。

間違えたら、即、金が減るんですよ。
間違えたから、損した分を返してくれというわけにもいきませんしね。
覚えるまでは目の前に貼っておけば失敗を減らせるじゃないですか。
極力手間を掛けないように、もっと時間を掛けるべきところに集中する。

これが強くなるコツ。

そう思いませんか?


売り買いのサインとなるローソク足の組み合わせを6ページ分のレポートにまとめました。最低でもこのレポート程度のことは知って、相場に臨む必要があります。一覧表にまとめてありますので、実際の売買を行う際にパソコンの横に置いておくと便利。失敗を減らせるし・・・。よろしかったらどうぞ。無料です。

mailアドレス

注)登録いただいたアドレス宛に、PDF版マニュアルダウンロード用アドレスをお送りします。携帯電話のメールアドレスはご利用いただけません。SSL暗号通信により保護されていますので、あなたの個人情報が漏洩することはありません。




ローソク足の読み方 コンテンツ

ローソク足の見方

yousen100128
売り手と買い手の勢力関係、マーケットに存在する建て玉(たてぎょく)、ポジションの需給バランス、材料出現後の相場の反応度合いなどが凝縮されるのみならず、投資家心理の心の移り変わりを最も端的に表現するのがローソク足の見方です。[…]

大陽線 大陰線

yousen1001
売り手と買い手の勢力関係、マーケットに存在する建て玉、ポジションの需給バランス、材料出現後の相場の反応度合いなどが凝縮されるのみならず、投資家心理の心の移り変わりを最も端的に表現するのがローソク足の見方です。[…]

小陽線 小陰線

syouinnsenn100129
大陽線、大陰線とも相場の動きが極端に偏っている時に現れやすい足。概ね株価の5%程度以上のローソク足の実体をともなった時に、陽線であれば大陽線、陰線であれば大陰線と呼びます。相場がすごく強い事を表わす。[…]

上影陽線 上影陰線

ueinn100129
大陽線、大陰線とも相場の動きが極端に偏っている時に現れやすいローソク足です。陽線であれば大陽線、陰線であれば大陰線と呼びます。相場がすごく強い事を表わす。[…]

下影陽線 下影陰線

sitainn100129
下影陽線(下ヒゲ陽線)上昇を暗示するローソク足です。売り物に押され下押ししたものの、買い方に支えられ流れが反転し、寄付きより終値が高く終了した型。影(ヒゲ)が長いほど反発が強かったことを意味します。[…]

寄引同時線

yoridouji100129
寄引同時線は、相場の転換時に出現しやすいローソク足です。寄付と引値が同じで上下に影があるローソク足を言います。相場の転換を暗示するケースが多くあります。ヒゲの出方や長さによってさまざまな意味合いがあり、別項目で解説します。[…]

丸坊主寄付坊主大引け坊主

yoridouji-s
ヒゲがついていない長いローソク足。誰が見ても評価が一致するような材料が出た時にあらわれやすく、一方向に一貫して大きく動いた事を示します。陽線なら 買い勢力、陰線なら売り勢力が圧倒的に優勢であると言えます。[…]

コマ カラカサ

karakasa-s
陽線、陰線共に実体が短く、実体の3倍以上の長い下ヒゲを持つローソク足をカラカサと言います。陽線の場合、一時大量の売りで下落したが、その後それを上回る高値で引けたもので上昇を暗示。[…]

ローソク足の組み合わせ コンテンツ

あて首線 入り首線 差し込み線

あて首線
あて首線、入り首線、差し込み線とは、当日の陽線が前日の陰線の終値より下から始まり、前日の陰線の中心まで戻らない中途半端な切り替えしのローソク足の組み合わせです。[…]

包み線(抱き線)

包み線(抱き線)
包み線(抱き線)とは、前日の陰線、陽線とは逆に当日のローソク足の値幅を完全に包む大陽線または大陰線です。高値圏で現れた場合は上位の抱き線とよび売り転換、[…]

かぶせ線

かぶせ線
かぶせ線とは、前日の大陽線のあと終値よりも高く始まったが、当日の終値は前日の陽線の範囲内に終値をつける大陰線のローソク足の型です。特に前日陽線の中心以下まで陰線がかぶさった場合は、それまで[…]

切り込み線

切り込み線
かぶせ線とは逆の型で、前日の大陰線の終値より下から始まり、陰線の中心を上回る所まで戻して終わった場合のローソク足の組み合わせを切り込み線(切り返し線)といいます。相場の下位に出現した切り込み線[…]

上げ三法 下げ三法

上げ三法,下げ三法
三法とは、酒田五法で「売、買、休」の三つを指し「休むも相場」を説いたもの。ローソク足の組み方や分析とは違い、相場の転換点なのか小休止なのかなどを見極める教えです。上げ三法は買い、下げ三法は売りを示唆します。[…]